忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

地図の形式挙げ反論=尖閣「台湾省の一部」と中国

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

地図の形式挙げ反論=尖閣「台湾省の一部」と中国

 地図の形式挙げ反論=尖閣「台湾省の一部」と中国

 

  【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は18日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)が日本側の呼称で表記された中国政府発行の地図について、尖閣諸島が地図の枠から一部はみ出す形で描かれていることを理由に、地図は「釣魚島が台湾省に属する」ことを示していると主張。1969年の発行当時、中国が日本領土だと認識していたことにはならないとの見解を強調した。

  洪副局長は地図が福建、台湾の分省地図であることを指摘。両省に属する地域をすべて描くために一部が枠からはみ出ているとの見方を示した。その上で「日清戦争発生後に日本が盗み取った」と中国の主張を展開した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R