忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

尖閣問題で中国機の飛行増加、空自パイロットの疲労増大―米メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

尖閣問題で中国機の飛行増加、空自パイロットの疲労増大―米メディア

 尖閣問題で中国機の飛行増加、空自パイロットの疲労増大―米メディア

 2015年3月10日、中国紙・参考消息(電子版)は、尖閣諸島の領有権問題で中国機の飛行が増加し、航空自衛隊のパイロットが疲弊していると伝えた。
 
 【その他の写真】
 
 ブルームバーグによると、航空自衛隊那覇基地の南西航空混成団は13年度、過去最も多い402回の緊急発進(スクランブル)を記録した。同基地から1日1回以上のペースで戦闘機が出動している。中国と日本の空軍兵力の差は8対1。中国のパイロットは日本に比べて経験不足だが、中国側の兵力増強により、一触即発の危機が増大している。
 
 また、同基地の空軍指令は「スクランブル回数はほぼ毎日。一個飛行隊で400回以上のスクランブルはあまりに異常。負担が非常に大きい」と説明する。自衛隊機の緊急発進数は14年12月までの9カ月間で744回。海上自衛隊出身者は「中国機は空自の防衛データを集めているのではないか」と話している。(翻訳・編集/大宮)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R