忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

朴大統領の支持率が一時40%まで上昇、米大使襲撃事件と中東訪問により―中国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

朴大統領の支持率が一時40%まで上昇、米大使襲撃事件と中東訪問により―中国メディア

 朴大統領の支持率が一時40%まで上昇、米大使襲撃事件と中東訪問により―中国メディア

 9日付の韓国紙・アジア経済によると、朴槿惠大統領の最新の支持率が39.3%まで上昇した。環球網が伝えた。
 韓国の世論調査会社リアル・メーターが発表した3月第1週(2~6日)の調査結果で明らかになった。前週比で4ポイント増。1日ごとの支持率は、中東歴訪2日目にあたる2日は同3%増の37.9%、3日は38.7%、4日は38.8%と連続で上昇した。駐韓米大使の襲撃事件発生後、韓米同盟に亀裂が走ることを心配した保守派が結束したことが奏功したとみられている。
 6日には40.3%を超え、1月14日(40.6%)以来の40%越えとなった。政党別の支持率は、与党セヌリ党が2.2%増の37.3%となり、2週連続で上昇した。反対に最大野党の新政治民主連合は4.8%減の28.1%と4週間ぶりに30%を割った。両党の支持率の差は前週の2.2%から、9.2%へと拡大した。
 リアル・メーターはこの結果について、大使襲撃事件後に勃発した「親北主義」論争が支持率に変化が生じた主な要因だと指摘した。中東歴訪で得た外交成果もある程度のプラス要素になったとしている。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R