忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

神龍汽車の自主ブランド「東風風神L60」がラインオフ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

神龍汽車の自主ブランド「東風風神L60」がラインオフ

 神龍汽車の自主ブランド「東風風神L60」がラインオフ

 PSAプジョー・シトロエンと中国東風汽車、合弁会社の神龍汽車の三社が共同開発した中国自主ブランドの東風風神L60がラインオフした。3月2日、中国新聞網が伝えた。
 東風風神L60は神龍汽車の武漢工場でラインオフした。同社の邱現東総経理は「この車種は世界レベルの技術基準をもって研究開発し、PSAグループの技術的な支援を受けている中国の自主ブランド車だ」と説明した。
 従来、中国と外国の合弁企業は基本的に外国側のブランド車を開発、生産、販売してきた。神龍は国内最初の中国と外国の出資者双方のブランドを開発、生産する合弁会社となる。神龍は東風風神ブランドの自動車を既存チャンネルを活用して販売し、投資の増大を避ける。
 神龍は今後、東風シトロエン、東風プジョー、東風風神の3ブランドを軸に成長を図り、各ブランドで毎年1車種の新車を投入する方針。東風風神ブランドは第二段として高価格商用車市場などを念頭に、2016年の新車投入を目指す。
 東風汽車の劉衛東総経理は「東風風神L60は東風とPSAグループの世界レベルの戦略提携の大きな成果だ。中国で最も早く立ち上がった自動車合弁会社として、絶えず学習し、イノベーションと実践を繰り返してきて、車体や部品を自主開発できる段階に来た」と強調した。
 武漢理工大学の自動車市場の専門家は「中国一汽、二汽(東風)、上海汽車などは改革開放初期に海外大手と提携し、中国自動車業界の発展を支えた。今では合弁ブランドによる自主開発車を展開できるまでになり、世界戦略の重要な一部分になっている」と述べた。
 (編集翻訳 浦上早苗)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R