忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

統計数字で見る台湾 人口最多は新北市、粗出生率最高は離島の連江県

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

統計数字で見る台湾 人口最多は新北市、粗出生率最高は離島の連江県

 統計数字で見る台湾 人口最多は新北市、粗出生率最高は離島の連江県

 (台北 16日 中央社)総人口2340万人の台湾で、人口が最も多いのは新北市の397万人。人口1000人当たりの出生数を示す粗出生率が昨年、一昨年と比較して最高だったのは人口約1万人の台湾海峡の離島、連江県で14.02。内政部が公表している統計資料を紐解くと、台湾の現状や地域の特徴が見えてくる。
 
 6直轄市(台北、新北、桃園、台中、台南、高雄)の人口は昨年末時点で1600万人以上。総人口の68.75%がこれらの直轄市で生活している計算になる。ただ、台北市の人口は270万人で、2位の高雄市(278万人)や3位の台中市(272万人)にもおよんでいない。
 
 だが、昨年の人口増加率が一昨年比で最高だったのは、こちらも台湾海峡の離島、金門県。手厚い福祉政策とフェリーを利用した中国大陸への連絡ルート「小三通」が人口を押し上げたとみられる。
 
 また、昨年に人口1000人当たりの婚姻数を示す粗婚姻率が高かったのは台北市(7.1)を筆頭に新北市(7.02)、新竹市(6.82)の順。一方で離婚率が高かったのは花蓮県(2.92)、桃園市(2.65)、基隆市(2.59)だった。
 
 (謝佳珍/編集:齊藤啓介)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R