忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

韓国の小学生、14金のかばんに1万円の鉛筆=わが子を守るため親は大奮発―韓国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

韓国の小学生、14金のかばんに1万円の鉛筆=わが子を守るため親は大奮発―韓国メディア

 韓国の小学生、14金のかばんに1万円の鉛筆=わが子を守るため親は大奮発―韓国メディア

 2015年3月18日、人民日報(電子版)は韓国メディアの報道を引用し、「仲間外れにされないために、韓国の小学生が14金のかばんで登校」と題した記事を掲載した。
 
 【その他の写真】
 
 少子化や一人っ子家庭の増加に伴い、韓国の親は子どもの学習用品に大金を費やす傾向にある。転倒しても頭部を守り、水にも浮くという日本のランドセルは70万ウォン(約7万5000円)で売られていたが、仕入れた100個はすべて完売。さらに、14金の装飾が施されたかばんも登場している。
 
 かばん以外では、28万ウォン(約3万円)の筆箱や1本10万ウォン(約1万円)の鉛筆など、子どものためにお金を惜しまない親の心理をついた高額商品が数多く販売されている。
 
 なぜこうしてまで子どもに高額な学習用品を買い与えるのか、報道では「親は決して高い学習用品を好んでいるわけではないが、最終的には高額なものを選んでいる。それは、『わが子がほかの子よりも安いものを使うと仲間はずれにされる』と心配する親が多いからだ」と伝えている。(翻訳・編集/内山)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R