忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

韓国海軍の元参謀総長、救難艦めぐる入札でデータ改ざん指示か、捜査団が拘束令状を申請―韓国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

韓国海軍の元参謀総長、救難艦めぐる入札でデータ改ざん指示か、捜査団が拘束令状を申請―韓国メディア

 韓国海軍の元参謀総長、救難艦めぐる入札でデータ改ざん指示か、捜査団が拘束令状を申請―韓国メディア

 2015年3月19日、韓国メディア・ニューシスによると、昨年12月に収賄疑惑が浮上した韓国海軍の黄基鉄(ファン・ギチョル)元参謀総長について、政府の合同捜査団が事前拘束令状を請求したことが分かった。汚職や公文書偽造などの疑いが持たれている。20日付で環球網が伝えた。
 
 【その他の写真】
 
 黄元参謀総長は09年の救難艦「統営」建造時に防衛事業庁の事業部長を務めており、入札に関するデータを部下に書き換えさせたとされている。すでに起訴されている関係者らの証言によると、黄元参謀総長は「統営」に搭載するソナーのデータについて改ざんを指示。この結果、海軍の要求に満たない性能のソナーが「統営」に搭載され、メーカー側は契約を取るために防衛事業庁の関係者に賄賂を渡していた。
 
 捜査団は17、18日の両日、黄元参謀総長から聞き取りを行ったが、指摘された違法行為についていずれも否認しているという。(翻訳・編集/野谷)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R