忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<米大統領夫人>「母」優先、ミシェル外交…18日来日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<米大統領夫人>「母」優先、ミシェル外交…18日来日

 <米大統領夫人>「母」優先、ミシェル外交…18日来日

 ミシェル・オバマ米大統領夫人(51)が18〜20日に来日し、東京、京都を訪れる。女子教育などを支援する米政府の取り組みの一環で、ファーストレディーとしては初来日だ。「新しいタイプの大統領夫人」といわれるミシェル夫人は支持率も高い。人気の秘密はどこに? 【長野宏美】
 
  ◇政治と距離、高支持率
 
  「ママ司令官」を自任し、2人の娘の教育を最優先とするミシェル夫人。昨年4月のオバマ大統領訪日時には、娘の学校を理由に同行を見送った。国賓待遇で夫人が同行しないのは珍しい。2013年6月に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談でも、中国の習近平国家主席の妻、彭麗媛(ほう・れいえん)さんは同行したが、ミシェル夫人は「母親業優先」のためワシントンに残った。「中国軽視だ」と批判もあったが、昨年3月にミシェル夫人の母マリアン・ロビンソンさん(77)と2人の娘と訪中した。
 
  今回は大統領の来日に同行しなかった「埋め合わせ」なのか? 東京大学の久保文明教授(米国政治)は「そういう面もあるが、ミシェル夫人は健康的な食事や運動の推進に熱心で、日本の食文化に触れたいという個人的な関心が強いはずだ」と語る。
 
  米紙によると、朝4時半に起きて筋トレや縄跳びで体を鍛えており、子どもの肥満対策に取り組む食育運動「レッツムーブ」を熱心に展開している。「自分の子どもに教えたいことと国民向けの一石二鳥を考えている」と久保教授。
 
  今回の来日目的である女子教育も母親目線の取り組みだ。発展途上国での日米ボランティアの連携を深めたいという。
 
  ミシェル夫人の好感度は高く、昨年の中間選挙では支持率が低迷する夫に代わって応援演説に奔走した。ピュー・リサーチ・センターの大統領夫人の支持率調査では、ミシェル夫人の支持率は平均69%で、先代のローラ・ブッシュさんの65%、2代前のヒラリー・クリントンさんの55%を上回る。しかもミシェル夫人の支持率は変動がほとんどないことが特徴だ。
 
  渡辺将人・北海道大学大学院准教授(米国政治)によると、従来の大統領夫人の支持率には二つの傾向があった。夫を支える良妻賢母型でローラ夫人のように大統領の支持率に連動するタイプ。医療保険改革で論争を起こしたヒラリー夫人のように独自の乱高下をするタイプ。だが、ミシェル夫人は政策や外交課題に口は出さず、女子教育や食育などに限定した活動をしている。渡辺准教授は「良き妻であり母である伝統的大統領夫人でありながら、独立したキャリア女性という混合路線を実現した。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R