忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「理想のパートナー」に出会えないのはなぜ?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「理想のパートナー」に出会えないのはなぜ?

「理想のパートナー」に出会えないのはなぜ?

 

■理想の人に出会えない?

 「理想の人に出会えないから、結婚できない」という声をよく聞きます。理想通りの人を探す前に、大切なことがありますよ?

 最近、独身の男女を見ていると、“自分の理想の結婚の枠に入る人”ばかりを探している人が多いなぁという印象を受けます。

 でも、そんな理想通りな人は、本当にいるのでしょうか? 理想の枠に入る人ばかりを探しているから、 相手がちょっとはみ出るところがあると、「やっぱり違う」なんて思ってしまう。だからこそ、「関係を築く」前に縁を切ってしまったり……。

 そもそも、その理想の枠に入る相手は、自分に合う人なのでしょうか? ここでは「理想の人ばかりを探しがちな人が見落としていること」についてご紹介します。

■その“好条件”の裏は見えている?

 「自分が思い込んでいる理想の人」と「実際に自分に合う人」が違う人はよくいるものです。女性だと、「それなりの社会的地位がある人」「お金を持っている人」「優しい人」「家族を大切にしてくれる人」などさまざまな理想を持ちがちです。

 でも、「長所と短所は紙一重」というように、そういった好条件には必ず裏もあります。

 例えば、「年収がこれだけあって、仕事がデキる人!」といった理想があっても、それだけ稼ぐ人は普段から仕事人間で、結婚しても家族サービスをしてくれなかったり、さらにお金や地位がある分、女性が寄ってくるから、浮気癖があったり、なんてこともなきにしもあらずです。もし「平穏な家庭」を望んでいるなら、“そこそこ仕事をする人”のほうが合っていることもあるんですよね。

 それは、男性も然り。「若くて甘え上手で、結婚しても女でいることを忘れない人!」といった理想を持っていても、その裏では、相手が若すぎて話が合わないこともあるでしょうし、結婚後も女でいたいタイプの女性の中には、外で浮気することで自分がまだ女であることを認識したい人だっているかもしれません。

 だから、もし「一緒にいると楽しくて安心できる相手」を妻にしたかったら、同世代でしっかり者で、子どもが生まれたら、女でいることよりも「母」になることを選べる人のほうがいい場合もあるのです。

■自分は相手にとって、理想の人になっている?

 運よく、自分の理想通りの相手と出会えたとしても、その相手にとってあなたが理想的かどうかはわかりません。

 例えば、「それなりの社会的地位がある人」は、パートナーに対しても、それなりのマナーや教養を求めるかもしれません。「家族を大切にしてくれる人」は、自分の両親のことも大切にする人も多いので、同居を求めることもあるかもしれません。ある程度の年齢になれば、親の介護も必要となります。そのときに価値観の不一致が出てくることもあるでしょう。

 人は誰もが、「自分にとって都合の良い相手」を求めがちです。でも、自分も相手にとって「都合の良い相手」にならないと、お互いの需要は一致しませんよ? 自分のことはさておき、相手に求める理想ばかり高くなっていないかをよく考えてみましょう。

■理想の家庭と自分は合っている?

 婚活中の人の中には、昭和のホームドラマのような、温かくて、お父さんとお母さんの役割分担がしっかりできているような家庭を望んでいる人も意外と多いものです。でも、そんな人の中でも、実は専業主婦になるよりも外でバリバリ働いていたほうが合っている女性もいます。

 例えば、ある雑誌の編集長だった女性は、結婚後に仕事を辞めて専業主婦になったのですが、社会との関わりを急に失ったことで、心療内科に通うほど心を病んでしまったそうです。ある人気女優さんも、結婚後、夫の希望で仕事をセーブしていたら、自分が今まで演じることで発散していたエネルギーを出す場がなく、結婚生活はストレスがたまるようになってしまい、結局、離婚に至りました。

 人は、自分らしさを失うと幸せにはなれません。世間一般の幸せな家庭像と、自分に合う家庭は違うかもしれませんよ?

 子どもが欲しいと思っていても、親になることが向いていない人もいます。結婚して落ち着きたいと思っていても、実は独身で自由でいるほうが合っている人もいます。

 あなたが頭で考えている理想と、実際に幸せになれる環境は一致していますか?

■理想ばかり求めてしまう理由は?

 当たり前ですが、「頭で考えている理想の環境」と「実際に幸せになれる環境」が一致しているかどうかは、やってみないとわかりません。さらに言うと、異性に対しても、実際に付き合ってみないとわからないことはあるし、結婚してみて初めて知ることだってあるでしょう。

 結局、“頭でっかち”になって理想ばかり追い求めて体験しなければ、それが本当に合っているのかどうかはわからないのです。自分では「違う」と思った相手であっても、付き合ってみたら意外と相性が良かったり、またお互いに成長していくうちに「唯一無二の相手」だと思えるようになったりすることもあるのです。

 逆に結婚してみて、「自分は結婚不適応者だ」と知ることだってあるでしょう。それでもいいのです。自分がどうしたら幸せになれるのかわかったのだから、良いことなのです。

 結局、理想ばかりを求めてしまうのは、「失敗したくない恐怖心」が原因です。つまり、ビビっているのです! ただ、人は未知なことに対しては、誰でも恐れを抱きます。だからこそ、実際に体験して、学んで、知ることで恐怖心をなくしていくしかないんですよね。

 理想ばかり求めてしまう人は、

□1.実際に人と関わって、関係を築くこと
□2.経験を通して、自分が合うものを探すこと
□3.柔軟に変わっていくことを恐れないこと

 の3つが大事です。

 初めは理想通りではなくても、一緒に過ごしていくことで理想的な相手になることはよくあること。もしご縁のある相手がいるならば、その関係をもっと大切にしてみてはどうでしょうか?

 恐れずに、先に進んでみましょうね。失敗したとしても、そこで学べることがあれば、ある意味、成功ですよ!

文・ひかり (All About ひかりの恋愛コラム)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R