忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「FCVの総合性能を10倍に!」NEDOが技術開発を促進

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「FCVの総合性能を10倍に!」NEDOが技術開発を促進

 「FCVの総合性能を10倍に!」NEDOが技術開発を促進

 

 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)がFCVの普及に向け、今年4月6日までの約1ヵ月間、燃料電池改良を目的とした技術開発事業の公募を行っています。

 2019年度末までの技術開発完了を目処に、2015年度は30億円の予算を計上、FCVが普及期を迎える2025年までに必要な基礎技術を整備する計画。

 今回NEDOが取組むのはFCスタック(燃料電池)本体の性能を高めるための「普及拡大化基盤技術開発」と生産性向上に向けた「プロセス実用化技術開発」の2つ。

 (出展 JHFC)

 【普及拡大化基盤技術開発】
 ・出力密度向上(4kW/L以上) ← MIRAI:3.1kW/L
 ・耐久性向上
  乗用車:5,000時間以上(10万km保障)
  商用車:50,000時間以上(100万km保障)

 ・コスト低減(1,000円/kW以下)
  白金使用量削減(0.1‐0.03g/kW以下)

 出力密度×耐久時間÷貴金属使用量の値を現状の10倍以上とする。

 【プロセス実用化技術開発】
 ・製造時間短縮(1/10以下)

 トヨタ自動車が昨年発売した「MIRAI」の生産能力は現在700台/年の状況で、同社は生産能力を2016年に2,000台、2017年に3,000台に引き上げる方針を掲げるなど、FCスタックの生産性向上とコスト低減が課題となっています。

 Click here to view the embedded video.

 燃料電池関連技術は欧米においても国家レベルで基礎研究から技術開発、実証研究の取り組みが行われており、NEDOでは我が国の国際競争力維持、強化の観点から引き続き戦略的・重点的な取組みが不可欠としています。

 今後は乗用車のみならず、商用車にまで 燃料電池システムを展開するにあたり、FCスタックの耐久性が益々重要視されるなか、こうした取組みの成果が期待されます。

 ■NEDO Webサイト

 ・事業公募について
 http://www.nedo.go.jp/koubo/FF2_100141.html

 ・事業基本計画
 http://www.nedo.go.jp/content/100638718.pdf

 〔関連記事〕

 トヨタが「MIRAI」の製造工程を動画で一挙公開!
 http://clicccar.com/2015/02/25/295380/

 (Avanti Yasunori)

 【画像をご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/2015/03/29/300799/

 画像付き元記事はこちら:「FCVの総合性能を10倍に!」NEDOが技術開発を促進(http://clicccar.com/2015/03/31/300799/)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R