忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界?

 【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界?

 

 ◆最高時速285kmを体験できる「団体列車285号」に乗車

  1992年に運転を開始した「300系のぞみ」以来、最新型「N700A」まで、東海道新幹線の最高時速は270km/hだった。2015年3月14日のダイヤ改正から、早朝、深夜の8本と日中時間帯の上下毎時1本の「のぞみ」について、23年ぶりに東海道新幹線の最高時速がアップし時速285kmとなる。

  時速15kmのアップで、東京~新大阪間の所要時間が2時間25分から2時間22分に短縮される。でも山陽新幹線のように最高時速300kmの大台に乗るわけでもないし、たった3分の短縮だったら今までと大して変わりがないでしょと、鉄子ではない私はその重要性がイマイチ理解できなかった。

  百聞は一見に如かず。だったら乗ってみようと、2月末に実施された「時速285km先行体験列車の試乗会」に参加してみることにした。

  今回乗るのは東京駅発の東海道新幹線「団体列車285号」で列車番号は「9285A」。鉄男、鉄子さんはもちろん、勘のいい人ならすぐにピンと来るはず。285号は時速285kmにちなんでおり、シャレの効いた列車番号になっている。

【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界?

  ちなみに、東海道、山陽、九州新幹線には、数字4桁とアルファベットのAから成る列車番号が付けられている。たとえば0100Aの列車番号は「のぞみ100号」を指す。今回の列車番号である「9285A」は、先頭の9は臨時列車を意味し、最後のAは東海道、山陽、九州新幹線を表す記号だ。

  16番ホームに入線してきた「N700 A」はピッカピカで白い車体がまぶしい。3日前に納入されたばかりの車両とのことで、東海道新幹線の新車に乗るなんて初めてだ!と、早くもテンションが上がる。

【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界? 【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界?

  通常の試乗会は報道関係者のみというケースがほとんどだが、今回は応募で集まった一般の乗客366人も一緒に乗車した。乗客は鉄道ファンが多かったが、もともとビジネスで新幹線を使う予定で、先行体験も兼ねて乗車してみたという人も。平日だったため、数は多くなかったものの、親子で乗車する姿も見られた。

【阿部純子のトレンド探検隊】東海道新幹線の最高時速が15kmアップ!時速285kmってどんな世界?

  通常の運行では行われないが、今回は特別に出発前に運転士からの車内アナウンスが流れる。声の主は女性運転士の山下志歩さん。

 「普段運転士として私自身が気を付けていることは、時間に正確なことはもちろん、乗り心地のよい運転です。今日ご乗車いただいているお客様が笑顔になれるような運転をしたいと思っております。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R