忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ギリシャ懸念払しょくに躍起、公的機関から借り入れも視野か

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ギリシャ懸念払しょくに躍起、公的機関から借り入れも視野か

ギリシャ懸念払しょくに躍起、公的機関から借り入れも視野か 

 [アテネ 2日 ロイター] – ギリシャ政府のサケラリディス報道官は2日、国際通貨基金(IMF)への15億ユーロの返済を含め、月内の支払い義務を問題なく果たすために解決策を模索していると述べた。

 3月末にも手元資金が枯渇するとの懸念がくすぶる中、投資家や債権者の不安軽減に努めた格好。国内ラジオに対し語った。

 これまでのところ、ギリシャは資金調達の選択肢で厳しい状況に追い込まれている。

 欧州中央銀行(ECB)がギリシャ国債購入で得た利益19億ユーロの移管は、約束した改革の実施完了が条件となっている。

 また短期証券(Tビル)の発行も選択肢だが、国際債権団は150億ユーロを上限に設定、発行額はすでにこの上限に達している。

 ある財務省高官は、ECBによる利益移管やTビル追加発行なしで必要資金の手当てができるかとの質問に対し、「代替策」があると述べた。詳細は明らかにしていない。

 関係筋によると、ギリシャはサプライヤーへの支払い遅延で資金を確保するほか、年金基金など公的機関からの借り入れで最大30億ユーロを調達する可能性がある。

 Thomson Reuters 2015 All rights reserved.

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R