忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ドルは119円後半、119円前半の買い意欲が意識され底堅さを保つ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ドルは119円後半、119円前半の買い意欲が意識され底堅さを保つ

ドルは119円後半、119円前半の買い意欲が意識され底堅さを保つ 

 [東京 4日 ロイター] – 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル安/円高の119円半ば。実需の売りや株安に押されジリ安の展開となったが、119円前半の買い意欲が意識され、一定の底堅さは保った。

 ドルは早朝の取引で高値119.76円を付けたあと、仲値公示を挟んで一段安となり119.49円付近まで下落。実需のフローとみられる売りに押されたほか、一時前日比で200円を超える下げ幅となった日経平均も嫌気され、じりじりと下値を切り下げた。「ECB理事会や米雇用統計を控え、上値追いが盛り上がるような環境でもない」(邦銀)という。

 しかし、119円前半では実需筋を含め旺盛なドル買い意欲があるとされ、底堅さは保った。

 HSBC/マークイットが発表した2月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は52.0と前月の51.8から上昇した。新規受注が好調だった。PMIは50を上回ると景況の改善、下回ると景況の悪化を示す。新規受注指数は52.2と、1月の51.2から上昇。新規事業指数も上昇した。

 為替市場の反応は限定的だった。

 中長期的なトレンドとして「米金利も上昇し始め、ドルが強いことは間違いない。ただ、(120円台での)新たなレンジに入るだけの材料がない」とFXプライムbyGMOの常務取締役、上田眞理人氏は言う。

 ドルが120円台に入ると発信される要人による円安けん制発言について、「(ドルは)完全にファンダメンタルズ相場になっているので、(当局の思惑とは関係なく)きっかけがあれば、レンジを切り上げる」との見方を示した。

 <イエレンFRB議長の講演と同氏の2014年保有資産報告>続く…

記事を1ページに表示する

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R