忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

フォルクスワーゲン・グループ、年次総会で今後の計画を明らかに

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

フォルクスワーゲン・グループ、年次総会で今後の計画を明らかに

 フォルクスワーゲン・グループ、年次総会で今後の計画を明らかに

 フォルクスワーゲンは12日にベルリンで行われた年次総会で、グループ内の各ブランドも含む今後の計画について明らかにした。
 
 2014年、国際的な経済状況が不安定に中にも拘わらず、フォルクスワーゲン・グループは初めて販売台数1千万台を突破。売上高は前年比2.8%増の2,025億ユーロ、営業利益は8.8%増の127億ユーロと、いずれも史上最高を記録した。
 
 しかし、ロシアの政情不安やブラジルなどの経済危機、変動が激しい為替レート、そして中国を除けば世界的に低い経済成長の中、今後に向けてフォルクスワーゲンでは包括的な効率プログラムを昨年7月から実施しているという。
 
 まず、世界各地にある生産拠点の利用において最適化を図り、その一例として、2016年末より次期型「ティグアン」をメキシコ工場で生産開始する。
 
 また、市場の要求から外れたモデルの生産を止めることで効率化を図る。例えば現在、コンパクトカーの2ドア・モデルはあまり売れなくなっているため、将来「ポロ」は4ドアのみとする。
 
 さらに装備の組み合わせなどを見直す。販売台数に占める割合が5%以下のバリエーションは廃止する。
 
 その一方で収益率の高いオプションは強化する。特別な機能を提供する装備をパッケージとして国際的に展開していく。
 
 続いてフォルクスワーゲン・ブランドが、今後は米国市場でこれまで以上に積極的な攻勢に出ることも発表された。テネシー州チャタヌーガ工場では、2016年末までに新しい中型SUVの生産を開始するという。これは2013年の北米国際自動車ショーで発表された「クロスブルー」の生産型と思われる。続いて2017年にはメキシコで生産する3列シートを備えたロングホイールベースの「ティグアン」を発売する。
 
 次に、グルーブ各ブランドの今後の計画については以下の通り。
 
 シュコダ:横置きエンジン用モジュールキット「MQB」を採用した新型「スパーブ」を市場に導入。
 
 セアト:「イビサ」のリフレッシュを実施。
 
 アウディ:今年の第4四半期に新型「A4」を発表。1月の北米国際自動車ショーで発表した新型「Q7」も市場に導入する。
 
 ポルシェ:最も重要なモデル「911」の改良モデルを発表する。
 
 フォルクスワーゲン:MQBを採用した新型「トゥーラン」を発売。2016年発表を目指して次期型「ティグアン」の開発を進める。
 
 フォルクスワーゲン商用車部門:新型バン「キャディ」と「T6」を導入。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R