忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ボルボV40の滑らかになった走りが心地良い【ボルボV40 2015年モデル】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ボルボV40の滑らかになった走りが心地良い【ボルボV40 2015年モデル】

 ボルボV40の滑らかになった走りが心地良い【ボルボV40 2015年モデル】

 

 スタイリング面において、ボルボC30あたりから新しい時代に移行した印象を受けさせるボルボ。その決定打となったのは、スポーティなエクステリア・デザインでファンならずとも驚いたはずのボルボV40でしょう。

 クーペのC30も引き継いで生まれた新生ボルボV40が日本に上陸したのは、2013年2月。当初はデザインだけでなく、走りもスポーティモデルであることを主張するため、ハード系の「ダイナミック・シャーシ」のみの設定でした。

 初めて乗った時は、ノーマルグレードでも「Rデザイン」かと思うような引き締まった乗り味に面食らいましたが、2015年モデルからベーシックなV40 T4/T4 SEは、従来の「ダイナミック・シャーシ」から「ツーリング・シャーシ」に変更されています。

 スプリングをソフト(ダイナミック・シャーシよりもフロントが10%、リヤが12%)にするだけでなく、ソフトなフロントスタビライザーや、リヤダンパーをモノチューブ式から新開発のツインチューブ式に変更。

 さらに、タイヤ&アルミホイールを従来の225/45R17(7.5J×17)から205/50R17(7.0J×17)にすることで、最小回転半径が従来の5.7mから5.2mに大幅に小さくなったのも取り回しの面での朗報。

 デビュー時のスポーティアピールは一定の成果を得たということから、今回の快適性重視への変更になったそうですが、乗ってみるとバランスが非常に良くなったという印象を受けます。

 乗り味は洗練され、さらにパワートレーンの熟成も進んでいる感じもするうえに、フットワークも十分に軽快感がありますから、ドライビングも十分に楽しめるのも印象的。

 昨年試乗した最新の「Rデザイン」はもっとハードで、245psにふさわしい足まわりで「かなりHOT」と思わされましたが、個人的には180psのT4/T4 SEで十分だし、家族やゲストを迎えるならむしろベーシックなT4/T4 SEを推奨したいところです。

 ■ボルボV40の安全・運転支援装備が全車標準に【ボルボV40 2015年モデル】
 http://clicccar.com/2015/02/15/293661/

 (塚田勝弘)

 画像付き元記事はこちら:ボルボV40の滑らかになった走りが心地良い【ボルボV40 2015年モデル】(http://clicccar.com/2015/03/11/293802/)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R