忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

仕事の能力が高い社員ばかりを集めるリスク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

仕事の能力が高い社員ばかりを集めるリスク

 仕事の能力が高い社員ばかりを集めるリスク

 ■集めるべきは「会社への忠誠心が高い社員」
 「うちの社員は優秀ですから」と言って、自社の社員の自慢をする後継社長がいる。とにかく仕事ができる人、仕事の能力の高い人をたくさん雇っている会社、仕事の能力だけを考えて採用をしている会社は多いだろうが、そういう人ばかりを集めていれば会社は本当に安泰なのだろうか。
 仕事の能力が高い人は、得てしてどこの会社へ行ってもその能力を発揮することができる可能性が高い。どこの会社でも活躍できるとなると、将来的に自社に留まってくれるかどうかわからない。もっと待遇のいい会社へ移ってしまうことは十分に考えられるだろう。
 だからと言って、仕事の能力が低いとわかっている人をわざわざ採用する理由はない。ここで考える必要があるのは、「会社への忠誠心が高いかどうか」だ。「仕事の能力」だけでなく、「会社への忠誠心」という2つの基準に照らし合わせて考えてほしいのだ。
 「仕事の能力」も「会社への忠誠心」も、どちらも高い人がベストであることはおわかりいただけるだろう。そういう社員を増やすことが後継社長として求められているのは確実だ。ただ、なかなかそううまくはいかない。社員によって能力的にも精神的にもバラつきがあるのは当然だからだ。
 もし「仕事の能力」が同じ人が2人いるなら、「会社への忠誠心」の高い人のほうを選んでもらいたい。忠誠心が低いというのは、会社を辞めるリスクが高いということだ。重要なポジションを与えても辞められてしまっては、後々苦労するのは会社だ。しかも実際にある話だが、独立して同業を始めるなどという話や、お客様を持って行ってしまったという話は山ほどある。
 単純に「仕事の能力」の高い人ばかりを集めず、その人がどのくらい「会社への忠誠心」があるのか、そこを見極めて「会社への忠誠心」が高い人を集めてもらいたい。
 ■片腕候補は報・連・相のマメさが決め手
 後継社長にぜひ育ててもらいたいのが、自分を支える片腕となるような社員だ。中小企業の中には、何もかも自分で決めて完全にワンマン経営をしている社長が多々いる。そんな社長は決まって、「自分には片腕なんて必要ない」と言うが、社長というのはとにかく忙しい。会社を留守にしていることも多いので、留守中に緊急なトラブルがあったときに正しい判断ができたり、すぐに社長の代わりに現場に飛んで行ける片腕が絶対に必要だ。
 特に食品関係や生き物を扱っている会社、工場などは、トラブルがあった場合、初動が重要だ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R