忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

会社が苦しい時、経営者は職場での「楽しい行事」を計画するべきか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

会社が苦しい時、経営者は職場での「楽しい行事」を計画するべきか?

 会社が苦しい時、経営者は職場での「楽しい行事」を計画するべきか?

 会社が苦しい時、経営者は職場での「楽しい行事」を計画するべきか?

 Inc.:Inc.comのコラムニストAlison Green氏は、職場や経営の問題についてのあらゆる質問に答えてくれます。今回は、ある経営者から次のような相談が寄せられました。

 私の会社は現在、財政的に苦しい状況にあり、社員たちはストレスを感じたり、今の状況にうんざりしたり、将来を不安に思っています。

 私なりに考えた結果、社内で料理コンテスト、冬にはクリスマスツリーの飾りつけ、夏にはバーベキューなどの年間行事を開催して、社員の間にある緊張感を和らげるべきだと思っています。少なくとも2カ月に1回ぐらいは、こうした楽しい行事をしてはどうだろう…と考えました。

 私は社員たちに働くことをもっと楽しんでほしいのですが、こうした行事によって彼らの職場の士気を高めることはできるでしょうか? 私は今、1週間後のランチタイムに短編映画を上映することを考えています。別の社員はその2週間後に違う行事を計画しています。エイプリル・フールも近いので、その祝日の行事についても考えています。

 もしかすると、このようなことは、職場の生産性を逆に低下させてしまうものなのでしょうか?

 まあ、そうですね。

 本来、社員は仕事をするために職場にいるのです。ですから、経営者のあなたは、会社の使命が何かということにもとづき、その提案によって社員の時間を使うことが、その使命に対してどのように貢献するのかを考えなければなりません。

 おそらくあなたは、職場での楽しみを増やすことで社員の士気が高まり、最終的には生産性も高まると考えているのでしょう。士気が高い方が生産性は高いことは確かですが、「楽しいこと」を計画することで士気が高まるわけではありません。

 たいていの人にとって、やる気や満足な生活というのは、楽しい社内行事がたくさんあることで得られるのではありません。むしろ、公平で有能な上司の存在や仕事上での要求が明確なこと、今後のためになるフィードバック、そして仕事の成果を認めてくれること、正当な賃金と手当てがもらえること、仕事に必要な資料がそろっていることなどから得られるものなのです。

 こうしたものがなければ、社員を楽しませようと行事を計画することが裏目に出てしまうことになりかねません。社員にとって、経営者が基本的なことを充実させる努力もせずに、社員に遠出をさせたり交流会で大騒ぎをさせようとするような職場で働くのは不愉快なことです。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R