忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

伝説のベントレー「スピード6」がパリに現る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

伝説のベントレー「スピード6」がパリに現る

 伝説のベントレー「スピード6」がパリに現る

 伝説のベントレー「スピード6」がパリに現る

 新春のデトロイト・モーターショーを皮切りに、3月開催のジュネーブ・モーターショーと話題に事欠かない自動車業界だが、世界のセレブが注目したのは2月のパリ国際展示場(ポルト・ド・ヴェルサイユ)で開催された「レトロモービル2015」だったかもしれない。

 このイベントは毎年開催されるもので、収集家が喜ぶようなクラシックカーのコレクションやオークション、自動車メーカーやクラブ、その世界では有名な販売業者などが集う、まさに自動車趣味人のための欧州最大級のイベントなのだ。

伝説のベントレー「スピード6」がパリに現る

 ここにベントレーは伝説のスピード6、「ブルートレイン」を持ち込んだ。

 この車両はル・マン24時間耐久レースで3連覇(1928-1930年)を果たしたベントレーの優勝ドライバーのひとり、ウォルフ・バーナード大佐のプライベートカー、「ベントレー6 1/2スピード6」である。1929-1930年の2年間にわずか182台が生産されたのだが、コーチビルダーのガーニィ・ナッティングが架装したクーペボディはこの1台だけといわれている。

 1926年に登場したベントレー初の市販6気筒エンジン搭載車「ベントレー61/2リッター」の高性能版がスピード6なのだが、この個体には特別な逸話が残されている。バーナードとその友人が賭けをしたというのだ。

伝説のベントレー「スピード6」がパリに現る

 「ベントレー6 1/2スピード6」の対戦相手は寝台特急「ブルートレイン」。ルートは地中海沿いの南仏カンヌから、ロンドンのジェントルマンズクラブまでを競う。

 カールトンホテルのバーで「ブルートレイン」の発車時刻を確認すると、バーナードは愛車を駆り、ロンドンへ向け出発。途中パンクに見舞われるなどアクシデントに遭ったものの、列車がフランス側の最終目的地のカレーに到着する4分前にはロンドンで祝杯をあげていたという。

 一説によれば、バーナードが用いたのはH.J.マリナー製のスピード6なのでは? というハナシもあるそうだが、いずれにせよ今なおベントレーにまつわる多くのエピソードが語り継がれている。ラグジュアリーブランドにとって伝説もまた彩りのひとつなのだ。

 (九島 辰也)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R