忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

元ソフトバンク社長室長が教える!英語を1年で確実にマスターするための5つの戦略!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

元ソフトバンク社長室長が教える!英語を1年で確実にマスターするための5つの戦略!

 元ソフトバンク社長室長が教える!英語を1年で確実にマスターするための5つの戦略!

 

 

//”);}else{window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_0b93a00aa021ff04ab3f4a035baf76a3.ONETAGButton_Load();}})(document);//]]>美女読書をフォローする  //元ソフトバンク社長室長が教える!英語を1年で確実にマスターするための5つの戦略!英語を確実に身につけるために最も重要なこととは?

 「英語勉強をしよう!」と考える人は多いですが、「なぜ勉強するのか?」という問いに明確な答えを持っている人は少ないのではないでしょうか。

 「将来必要になる(と言われてる)から」とか「身につけておけば(なんとなく)いい仕事に就けそうだから」のように、漠然とした目的意識しかもっていない人が多いように思います。

 それ自体は否定するものではありませんが、目的意識が曖昧なままだと学習効率を最大限に高めることはできません。ゴールがはっきりしていないと、そのための最短の道筋を描けないからです。

 「使える英語」を短期間でマスターするには、「なんのために勉強するのか?」という目的を明確にすることが重要なのです。

 元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞さんも、その著書『日本人の9割に英語はいらない』で、9割の日本人は英語が話せなくても仕事で困らないのに、勝手に強迫観念に駆られて、曖昧な目的意識のまま極めて非効率な勉強していると指摘しています。

 では、効率的な英語学習とはどのようにすればできるのでしょうか。

 今回は、海外経験ゼロでまったく英語が話せなかったのにもかかわらず、たった1年でビジネス英語をマスターした元ソフトバンク社長室長・三木雄信さんの著書から、1年で英語をマスターするための戦略を紹介します。

元ソフトバンク社長室長が教える!英語を1年で確実にマスターするための5つの戦略!海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる元ソフトバンク社長室長が教える!英語を1年で確実にマスターするための5つの戦略!1年で英語をマスターするための5つの戦略

 本書では、英語を短期間でマスターするための戦略として7つのポイントを紹介していますが、ここではその内の5つを紹介します。

1.「自分に必要なのはどんな英語か」をまず明確にする

 「使える英語」を1年でマスターする秘訣は、ズバリ「超目的思考」に徹することだという著者。

 英語はあくまでも何かの目的を達成するための道具にすぎず、「その道具を使って何をしたいのか」が明確でなければ、効率的な学習を追求することができません。

 効率性を高めるには「不要なことは全て捨てる」と割り切ることが重要ですが、その「不要なこと」を見極めるために、目的を明確にすることが必要なのです。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R