忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

必ず役立つ「英文メール」の書き方(1) 用例付きで解説

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

必ず役立つ「英文メール」の書き方(1) 用例付きで解説

 必ず役立つ「英文メール」の書き方(1) 用例付きで解説

 昨今のグローバル化に伴い、仕事で英語を使う機会が増え、苦労している人もいるでしょう。特に、仕事上で英語が頻繁に使われるのがメール。こちらの内容を伝えるだけなので、「話すよりは楽」と思う人もいるでしょうが、侮ってはいけません。メールのトーンやマナーで、相手との関係が大きく変わってしまうこともあるのだ。そこで、ここでは実際の用例を紹介しながら、相手に適したメールの英語表現を解説する。今回は「宛名」について。
 
  メールのトーン&マナーは、相手との関係で表現が変わるもの。目上の人やあまり頻繁にやり取りしない相手に対しては、なるべくフォーマルに堅めな書き方を選ぶほうが無難でしょう。一方で、日頃からやり取りが多い相手であれば、少しカジュアルさがあっても問題ないといえる。また、クライアントがカジュアルなトーンでメールをしてきたからといって、カジュアルに返せばいいとも限りません。相手との立ち位置を考えながら書くことが重要となる。
 
  今回掲載されている【用例1】は、PRコンサルタントのHiromiさんがクライアントのMichael FreemanさんにABC誌に掲載する広告記事の原稿チェックをお願いする内容。和訳とともに、抑えるべき「宛名」のポイントを解説する。
 
 【メールの和訳】
 _________________
 件名:ABC誌のゲラについて
 
 Freeman様
 
 ABC誌から広告記事のゲラが送られてきましたので添付いたします。契約どおり3月に4ページにわたって掲載される予定です。
 
 私のほうで添付のゲラに加筆・修正を記入しています。今のところ、文字数が大幅に変わる修正ではないので、出版社も了承してくれると思います。更なる編集をご希望の場合も、文字数に影響がでないようご考慮いただきたく存じます。
 
 こちらからの修正のファイナルバージョンを2月10日の終業までに出版社へ送らねばなりません。2月9日までにフィードバックをいただければ幸いです。
 
 よろしくお願いします。
 Hiromi
 _________________
 
  用例1では、「~様」「~さん」と宛名を書く呼びかけ部分について。宛名は、フォーマルにすると「Dear Mr. Freeman,」となり、少しカジュアルになると「Dear Michael,」となる。
 
 ■呼びかけで使うのはラストネームとファーストネーム?
 
  フォーマルに書く場合は、Dear Mr. Freemanというように「敬称+ラストネーム」を使うのがベター。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R