忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

文具業界専門誌 宣伝されない商品を見逃さず紹介するのが使命

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

文具業界専門誌 宣伝されない商品を見逃さず紹介するのが使命

 文具業界専門誌 宣伝されない商品を見逃さず紹介するのが使命

 

  知られざる専門誌の世界をあなたに──。今回紹介するのは、近頃人気の文房具の今を小売店やメーカーの立場で伝える、業界専門誌です。

 【『月刊文具』】
 創刊:1949年
 月刊誌:毎月末発行
 部数:非公開
 読者層:文具・事務用品小売り店、卸業者など。文房具製造メーカー、文具売り場を持つ他業種小売店のバイヤーなど
 定価:1080円
 購入方法:年間購読による直接販売が基本で、発売元・月刊文具新聞社に直接注文。

 「最近、文具売り場が華やかになったと思いませんか? きっかけは“不況”で、7~8年前から大手企業がノートと筆記用具の常備をやめ、各自で買うように、という方針を打ち出したことなんです」

 『月刊文具』の編集長・真壁一弘さん(46才)は語る。毎日使うものを自分で買うなら、少しくらい高くても、使いやすいものがいい。その結果、個人向け文房具の売り上げが上がったというのだ。

  たとえば、一昨年発売された「斜めに書く人のためのまっすぐノート」(324円/ツバメノート)は、企業は決して採用しなかっただろう。なにせ、本来、水平に並んでいるはずの罫線が55度右上に上がっているのだから。

 「ノートの置き位置は正しく、でも文字は斜めに書きたい。そんな人向けに作って話題をさらいました」と真壁さん。

  さらに、円安で外国人観光客が増えたことも文房具界には好材料だと言う。彼らは日本の文房具情報をネットで得て、お店に「○○ください」とピンポイントで買いに来る。

  ちなみに、中国人観光客の一番人気は、書いた文字を摩擦熱で消せるボールペン「フリクションボール」(216円~/パイロット)。2007年に発売して、2014年にシリーズの世界累計が10億本を突破するヒット商品になった。

 「ベーシックなキャップ式をはじめ、ノック式や多色タイプ、金属軸の高級タイプまで揃っていて、中国人たちがまとめ買いしていきます」

  また真壁さんは、「文具メーカーには、ちょっと不思議な通例がいくつかある」とも言う。

 「まず、他業種に比べて、メーカー間の仲がいいことが挙げられます。コラボした商品もけっこうあるんですよ」

  もうひとつは、各メーカーの専門性。

 「たとえば、子供にはなじみの深いサクラクレパスは、鉛筆やシャープペンも発売しています。でもその印象が薄い。人は、鉛筆→シャープペン→ボールペンと、年齢が上がるにつれ使う文具が変わってきますが、それぞれの消費者に強いメーカーがあるんですよ」

  少子化のあおりを受けている学童向けの文具メーカーは、「だからこそ商品開発が活発」だと言う。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R