忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

新型ジェイドはリムジン空間&ハイブリッドで、新しい乗用3列ミニバンを提案!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

新型ジェイドはリムジン空間&ハイブリッドで、新しい乗用3列ミニバンを提案!

 新型ジェイドはリムジン空間&ハイブリッドで、新しい乗用3列ミニバンを提案!

 

 新型ジェイドは、低全高ワゴンに4枚ドア、3列シートを備えています。これはかつて乗用3列ミニバンとして登場し、約一年前に生産を終了したストリームのパッケージングそのものなのですネ。だからてっきりストリームの後継車として開発されたと思いきや、実はさにあらず。

 新型ジェイドは、アジア・新興国向けのグローバルモデルとして開発されました。日本仕様では、乗用3列ミニバンの新提案として「セカンドシートのリムジン空間」を目指すとともに、ハイブリッド専用車として企画されました。単なるストリームの後継ではなく、世界で通用する都市型の乗用3列ミニバンとして登場したのです。

 ■都市型乗用3列ミニバンは、セカンドシートのリムジン空間とハイブリッドが特徴

 新型ジェイドは、中国やアジアを主力とする戦略モデルとして開発されました。他国では直4・1.8Lガソリンエンジンを積んでいますが、日本ではハイブリッドの直4・1.5Lエンジン+モーター内蔵7速DCTユニットを搭載。「都市発想」のキャッチコピーのとおり、都市に似合うスマートな走りと燃費25km/lを実現しています。

 更に新型ジェイドは、3列シートの6人乗りが標準。全高が実質1500mmと低い上に、ハイブリットユニットがかさばる不利な条件の中、巧みに3列シートを実現しました。最大の特徴は、セカンドをキャプテンシートに仕立ててリムジン的な居住空間を創出したこと。3列皆快適を目指したストリームとは、大きく異なるポイントといえるでしょう。

 ■都市型乗用ミニバンと3列のサプライス空間をダイナミックに表現

 乗用ミニバンの都市型ライフを形にするべく、デザイン開発が進められました。コンセプトは「マルチ・サプライジング・パッケージ」。低全高でダイナミックなスタイルに、フロントシートのセダン空間、セカンドのリムジン空間、サードのフレキシブル空間(シート&荷室)という3つのサプライスを織り込みました。

 フロントとリアデザインは、最新のホンダトレンドを踏襲。特徴的なのは、Aピラーからのベルトラインをグッと下げて、キャビンをボディに沈み込ませた造形で、力強い塊感とキャビンの軽快感を両立しています。またアコードエアロデッキのようなリアハッチの天窓は、狭いサードシートの頭上クリアランス増に貢献しています。

 (拓波幸としひろ)

 画像付き元記事はこちら:新型ジェイドはリムジン空間&ハイブリッドで、新しい乗用3列ミニバンを提案!(http://clicccar.com/2015/03/03/296074/)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R