忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

米国株は小反発、テクノロジー分野のM&Aに期待

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

米国株は小反発、テクノロジー分野のM&Aに期待

米国株は小反発、テクノロジー分野のM&Aに期待 

 [ニューヨーク 27日 ロイター] – 27日の米国株式市場は小幅ながら5営業日ぶりに反発して取引を終えた。半導体分野の合併・買収(M&A)への期待が相場を押し上げ、前日までの4日続落から持ち直した。

 ダウ工業株30種.DJIの終値は34.43ドル(0.19%)高の1万7712 .66ドルで取引を終えた。S&P総合500種.SPXは4.87ポイント(0.24%)高の2061.02、ナスダック総合指数.IXICは27.86ポイント(0.57%)高の4891.22だった。

 半導体大手のインテル(INTC.O: 株価, 企業情報, レポート)が同業のアルテラ(ALTR.O: 株価, 企業情報, レポート)を買収すると報じられ、インテルは6.4%値上がりした。アルテラは28.4%の急騰となった。これを受けて、フィラデルフィア半導体株指数は2.83%上昇した。

 ヘルスケア関連も値上がりし、バイオテクノロジー株指数は1.91%上昇と前日までの4日続落から持ち直した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長はこの日、カリフォルニア州サンフランシスコでの講演で、FRBは金融政策の正常化を「真剣に考えている」と述べ、今年後半の利上げが妥当だとの見方を示したが、株式相場への影響は限定的だった。

 騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所が上げ1842で下げ1187(比率は1.55対1)だった。ナスダックは上げ1592で下げ1106(1.44対1)だった。

 BATSグローバル・マーケッツによると、米取引所の合算出来高は約56億6000万株で今月の平均である67億8000万株を上回った。

 (カッコ内は前営業日比) 続く…

記事を1ページに表示する

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R