忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

都会のタワーマンションが住民・地域のつながりづくりに挑戦

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

都会のタワーマンションが住民・地域のつながりづくりに挑戦

 都会のタワーマンションが住民・地域のつながりづくりに挑戦

 

 東京都庁近くの西新宿5丁目で行われている再開発。2017年に完成するのが、三菱地所レジデンスなどが進める大規模タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」だ。マンションとして国内最高階数の60階建て、住居数は954戸になる(紹介記事:http://suumo.jp/journal/2014/11/27/73847/)。
 昨今、コミュニティ形成に力を入れるマンションは増えてきているが、こちらでは60階建てにちなんで60回のイベント、エリアコミュニティプログラム「西新宿 CLASS in the forest」を実施予定。その第1回目が開かれたのでレポートする。

販売前から入居後まで計60回行う前代未聞のイベント

 イベントは2015年1月20日、平日の夜19時から、再開発地区の西新宿5丁目の近くにある高層ビル28階のレジデンスギャラリーで開催された。会場には30代から60代くらいまで40~50名の参加者が、各テーブルに分かれて5~6人ずつ座り、サンドイッチなどの軽食や飲み物も食しながら実施されるスタイル。

 今回のプログラムを企画、コーディネートしていくHITOTOWA INC.代表の荒昌史さんが「西新宿 CLASS in the forest」のコンセプトを説明する。
 「都心のマンションは同じマンションの住人や周辺住民とのコミュニティやつながりを求める傾向は少なかった。しかし、東日本大震災の惨状や復興の過程を見て、日本人の住まいの価値観に変化が出てきた。多くの人と助け合い、地域とつながることでもっと豊かな暮らしができるのではないか。そうしたコミュニティをマンションで実現できるようプログラムを企画しました」

都会のタワーマンションが住民・地域のつながりづくりに挑戦

 【画像1】「西新宿 CLASS in the forest」のコンセプトを説明するHITOTOWA INC.代表の荒昌史さん(撮影:黒澤崇)

 挨拶を終えると、荒さんによるナビゲートで「同じテーブルに座っている人同士で自己紹介してください」とグループワークを行う。めいめいが自己紹介し、終わると拍手。硬かった表情が和やかになった。

 今回は1回目ということもあり、本プログラムに関わる人々がプレゼンテーションを行った。プレゼンターは4人。年間12万人が訪れる「東京おもちゃ美術館」の館長を務める多田千尋さん。世界的な作曲家・坂本龍一氏が設立した国産材の普及啓蒙活動を行う「more trees」事務局長の水谷伸吉さん。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R