忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

[注目トピックス 日本株]ソルクシーズ Research Memo(1):金融業界向け開発、自動車組込み系が好調で増収増益に

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

[注目トピックス 日本株]ソルクシーズ Research Memo(1):金融業界向け開発、自動車組込み系が好調で増収増益に

 [注目トピックス 日本株]ソルクシーズ Research Memo(1):金融業界向け開発、自動車組込み系が好調で増収増益に

 *16:42JST ソルクシーズ Research Memo(1):金融業界向け開発、自動車組込み系が好調で増収増益に
 
 (掲載本文)
 
 ソルクシーズ<4284>はソフトウェア開発事業とデジタルサイネージ事業を展開する。ソフトウェア開発では金融業界向けの割合が高く、単独売上高の6割強を占める。既存事業の強化に加えて、収益の安定性を高めるため、ストック型ビジネスの展開に注力しており、中期的にストック型ビジネスの利益構成比を50%まで引き上げていくことを目標としている。
 
 2014年12月期の連結業績は、売上高が前期比8.8%増の10,507百万円、営業利益が同51.1%増の541百万円と2ケタ増収増益となった。金融業界向けを中心にソフトウェア開発需要が好調に推移したほか、子会社で展開する自動車業界向けの組込み系コンサルティング業務も大手自動車メーカーからの高い評価を受け、増収増益に貢献した。
 
 2015年12月期も旺盛な需要を背景にソフトウェア開発事業がけん引し、売上高は前期比9.5%増の11,500百万円、営業利益は同12.8%増の610百万円と増収増益が続く見通し。ただ、営業外で前期に計上したデリバティブ評価益155百万円がなくなるため、経常利益は同10.0%減の600百万円と減益を見込む。
 
 中期成長戦略の主要テーマであるストック型ビジネスの育成に関しては、今期より大きく事業展開が進む可能性がある。センサーによる見守りシステム「いまイルモ」は、現在交渉中の大手企業との提携が決まれば、販売ネットワークが一気に拡大することになる。また、今期より中国での販売も視野に入れ、準備を開始する予定だ。学習塾向けeラーニングシステムでは、大手学習塾グループの一部で採用が見込まれるほか、個人向け直販も検討する。また、法人向けクラウドサービス「CSO」の海外展開も予定しており、これらの事業展開が進めば、業績面でもプラスに寄与するものと思われる。
 
 新たに発表した中期3ヶ年計画では、2017年12月期に連結売上高13,000百万円、経常利益1,000百万円を目標として掲げた。SI事業の競争力強化、ストック型ビジネスの拡大、及び中国を中心とした海外市場の開拓を進めていくことで達成を目指す。また、東証第2部市場への上場も中期計画中に実施したい考えだ。
 
 ■Check Point
 ・15/12期は本業ベース増収で2ケタ増益と好調を継続
 ・中期計画を見直し実施、16/12期以降も2ケタ増益を目指
 ・中計の主要テーマであるストック型ビジネスが進展の可能性
 
 (執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)
 
 
 《FA》

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R