忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

10年で9割が辞める「エイジョ問題」に挑む!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

10年で9割が辞める「エイジョ問題」に挑む!

 10年で9割が辞める「エイジョ問題」に挑む!

 ■7社合同でプロジェクトが始動
 この連載で取材してきた霞が関官僚の省庁の枠組みを超えた「働き方改革」プロジェクト、そして関西の大手35社が足並みをそろえる「ダイバーシティ勉強会」……。1社だけでは変わらない、変えられない固い岩盤を、企業の枠を超えて共立・協働することで切り崩し、変えて行こうとする試みが最近目立っています。
 今回の主役は「エイジョ」=「営業女子」です。
 2014年11月19日「新世代エイジョカレッジ(エイカレ)」の最終プレゼンが開かれました。エイカレは7社29名の営業女性たちの合同プロジェクト。半年間、忙しい営業の職務の合間を縫って全国から集まり、時には電話会議で磨きぬいた「営業で女性が活躍するための提言」をまとめ、各社の経営層に最終プレゼンをしました。忙しい経営層もその日は5~6時間を割いて彼女たちの提言に真摯に向き合いました。
 参加したのは日産自動車、リクルートホールディングス、サントリーホールディングス、キリン、日本IBM、KDDI、三井住友銀行の営業女性。各社混合の5チームでアイデアを競い、その後、社内で学びや気づきをシェア。自社での実践に落とし込みます。参加した女性たちは「管理職2歩手前(5年前)」と目される20代後半から30代の女性。今後管理職として期待される一方、結婚、出産などのライフイベントを迎える時期でもあります。
 なぜ「営業女性」なのか? なぜライバルとも言える会社と協働したのか?
 このプロジェクトの企画立案者であるリクルートホールディングスのダイバーシティ推進グループマネージャー、二葉美智子さんに聞いてみました。
 「営業女性は10年で10分の1まで減るというデータがあるんです」
 第一の壁は入社3年目。営業がそもそも向かない、好きではないという人が辞めて行く。第二の壁は入社4~10年目。営業の仕事にやりがいを感じながらもこのまま長く続けていけないと思って辞めていく。
 営業女性はそもそも貴重な戦力であり、「女性に向いている仕事」と言われています。営業女性も「お客様の反応がダイレクトに伝わる」「頑張った分の評価もついてくる」とやりがいを感じている。しかし10年でこれだけの女性がいなくなるのは、原因があります。
 「このプロジェクトを通じて、予想外に深刻な事態だとわかりました。本当に営業やお客様が好きで優秀な女性たちが不安を抱えている。『こんなに意欲も高く実績もあげている女性たちが、この先も営業でやっていけるという自信をなくしている』と講師も涙するような場面があったんです」
 ■授乳しながら考え抜いたプロジェクト
 そもそもは昨年8月に出産した二葉さんが、子どもに授乳しながら「なぜ女性管理職が少ないのか?」と考え抜いたことから始まります。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R