忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

MINI、「ミニ ジョンクーパーワークス」の受注を開始

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

MINI、「ミニ ジョンクーパーワークス」の受注を開始

 MINI、「ミニ ジョンクーパーワークス」の受注を開始

 

 あわせて全日本ラリー選手権に参戦するチームへの協賛も発表

 ビー・エム・ダブリュー株式会社は、2014年4月にフルモデルチェンジしたMINIの基幹モデルである3ドアハッチバックモデルをベースにしたハイパフォーマンスモデル「MINI John Cooper Works(ジョン・クーパー・ワークス)」を、3月16日より注文受付を開始した。価格はMT車が398万円(消費税込)、AT車が415万円(消費税込)で、納車は5月末を予定している。

 また、あわせて2015年の全日本ラリー選手権に参戦するチームへの協賛も発表した。

 MINI至上最強のエンジンパフォーマンス

 MINI 3ドアのラインアップに追加となるMINI John Cooper Worksは、レーシングスピリットを引き継いだ走りを特徴とするMINIのハイパフォーマンスモデルである。「バルブトロニック」、「高精度ダイレクトインジェクション」、MINIツインパワーターボテクノロジー等の技術により、エンジンのパフォーマンスをMINI至上最強に高めた。

 新開発の2リッター4気筒エンジンは、先代モデルと比較し最高出力を約10%向上し、170kW(231PS)/5,200-6,000rpmとし、最大トルクは350Nm(オーバーブースト時)を実現している(通常時は320Nm/1,250-4,800rpm)。AT車は、新設計のトランスミッションにより燃費が約25%向上(新欧州サイクル)し、また、0-100km/hの加速は従来モデルより0.6秒も早まり6.1秒を達成している。(ヨーロッパ仕様車/自社データ)

 エクステリア

 エクステリアデザインにおいては、John Cooper Works専用デザインのエアロキットを標準装備することにより、精悍さを増している。新しく開発されたBrembo社製ブレーキキャリパーは赤く塗装され、JCWのロゴが刻印されている。カーブ走行をサポートするエレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール(EDLC)、パフォーマンスコントロールを備えたダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)は標準装備とした。

 アロイホイールは、17インチJohn Cooper Works専用デザインのホイールが標準装備される。また、18インチアロイホイールもオプションで装着可能である。

 インテリア

 インテリアデザインにおいては、赤のステッチが入ったJohn Cooper Works専用パドルシフト付(AT車)ステアリングホイール、シートはJohn Cooper Works専用仕様のスポーツシート、ヘッドレストを採用し、レーシングスピリットを彷彿とさせている。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R