忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「花粉症にゆずの仲間“ジャバラ”が効く」和歌山の企業が皮で特許!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「花粉症にゆずの仲間“ジャバラ”が効く」和歌山の企業が皮で特許!

 「花粉症にゆずの仲間“ジャバラ”が効く」和歌山の企業が皮で特許!

 

  まさに花粉症の季節、真っ只中だ。

  日本人の3人に1人が花粉症とも言われており、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみに悩まされ、いろいろなものを試す苦痛の日々を送っている人は多い。しかし、柑橘類の一種である「ジャバラ」にすごい効果があったという。

  花粉症に良いとされる食品は数多く紹介されているが、昨年、紀伊民報(和歌山県田辺市)にこんな記事が掲載され話題になっている。

 〈ジャバラの皮で特許 花粉症の効能高めた物質を開発 和歌山の会社〉

  ジャバラとはミカン属の柑橘類の一種で、和歌山県東牟婁郡北山村が原産地。アレルギー抑制成分「ナリルチン」を多く含む。この「ナリルチン」が花粉症には効果絶大だと方々の研究機関が取り組んできた。

  これに注目したのが、地元健康食品の研究開発会社の吾妻正章社長で、紀伊民報の取材にこう答えている。

 「皮のほうが果汁より有効成分の含有割合が6~10倍も高い。しかし皮は利用が難しく、多くが廃棄されていた」

  元製薬会社研究員だった吾妻社長は当初、粉末にして、自分や知人らで飲んで効果を調べた。

 「最初は花粉症に効果が感じられたが、次第に効き目が薄くなった」

  その原因が、酸化してアレルギー誘発物質に変わりやすい成分「リモネン」が皮に含まれているためと知り、5年ほど前から大阪薬科大学や大阪バイオサイエンス研究所の協力を得て、除去方法の研究に取り組み成功。この方法で作った物質を特許登録したのだ。

  北山村もジャバラでの村おこしに取り組みをはじめた。結果、花粉症で、ジャバラ愛用者は症状が大幅に改善された、と口をそろえているというから、関心のある向きは北山村かJA和歌山県農に問い合わせてみるといいだろう。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R