忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ロシア邦人殺害で懲役20年 大阪地裁、現地捜査証拠に信用性

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ロシア邦人殺害で懲役20年 大阪地裁、現地捜査証拠に信用性

 ロシア邦人殺害で懲役20年 大阪地裁、現地捜査証拠に信用性

 

  ロシア極東のアムール州で日本人の知人男性を刺殺したとして、殺人罪などに問われた湧川泰明被告(37)に大阪地裁は20日、求刑通り懲役20年の判決を言い渡した。

  共犯とされた湧川被告のロシア人妻(30)などを、ロシア当局が取り調べた映像の信用性が争点だったが、斎藤正人裁判長は「捜査官の誘導もなく自らの体験をありのままに語っている」と認めた。

  判決によると、湧川被告は2006年9月、アムール州で、妻とその知人のロシア人(32)と共謀し、大阪府東大阪市の中古車販売業の田中康文さん=当時(34)=を刺殺した。

  妻らはロシアで逮捕され、有罪判決を受けた。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R