忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

京都弁を操るイスラエルの男性起業家 空手は黒帯「日本とのビジネス開発が私の使命」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

京都弁を操るイスラエルの男性起業家 空手は黒帯「日本とのビジネス開発が私の使命」

 京都弁を操るイスラエルの男性起業家 空手は黒帯「日本とのビジネス開発が私の使命」

 京都弁を操るイスラエルの男性起業家 空手は黒帯「日本とのビジネス開発が私の使命」
 

 デロール・ロテルさんは、日本とイスラエル間のビジネス開発を専門とする「I.J.ビジネス道(どう)社」のオーナーです。創設は2012年4月。この分野を扱う企業はイスラエルに複数ある中で、この会社の強みは何といっても技術への理解能力です。

 

 「I」はIsrael、「J」はJapan。そして「道」は、空手黒帯のロテルさんならではの命名です。現在彼は、イスラエルの経済省と輸出協会のビジネスコンサルタントとしても活躍しています。(文:夢野響子)

 

 ■両国の関係改善を機に京都と奈良に留学

 
 

 ロテルさんは、日本でビジネスをしたいと望むイスラエル企業のマーケティングコンサルタントをしています。イスラエルの企業は興業センターに認可されたマーケティングの専門家の指導を受けることができ、資金は経済省が出しています。

 

 また彼は、経済省の「スマートマネー」という支援プログラムの一環として、日本との取引を目指してこのプログラムに参加を希望する企業をチェックする仕事をしています。輸出協会のExperts4Uプログラムでは、国際取引の日本担当として輸出入の計画と準備、契約や合意、習慣や手続きについて広くコンサルティングをしています。

 

 実は今回のインタビューは、すべて日本語で行われました。彼の日本語には京都弁の響きがあります。実に物静かな話し方です。そもそも彼と日本との関わりは、どこから始まったのでしょうか。

 

 「16歳から空手を習い始めたことからです。(イスラエルの工学最高峰の)テク二オン大学に在学していた時には、第二外国語で日本語を選択しました。コンピュータサイエンスの専攻で、そのころ(日本のコンピュータパイオニアである)京都大学の矢島脩三教授を知りました。ちょうど両国関係が改善されて、日本の文部省の奨学金を受けられる学生数も増えたので、私も選ばれました」

 

 この奨学金で日本にわたったデロールさんは、京都大学の研究生として2年間を過ごし、さらに奈良先端科学技術大学院大学の修士課程で2年間、計4年間日本に滞在しました。同行した奥様の日本語に癖がないのは、彼女の通った京都日本語学校のおかげだそうです。彼の方は、京大の日本語講座は発音までは気にしなくてよかったので、京都弁が身に着いたのでしょう。

 

 ■「1月の日本政府の援助表明」の影響は大きい

 京都弁を操るイスラエルの男性起業家 空手は黒帯「日本とのビジネス開発が私の使命」
 

 1998年にイスラエルへ帰国した彼は、富士通マイクロエレクトロニクス・イスラエルにLSI設計者として勤め始めます。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R