忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

北陸新幹線、14日開業=「長野」は消滅、案内板も修正―東京―金沢2時間28分に

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

北陸新幹線、14日開業=「長野」は消滅、案内板も修正―東京―金沢2時間28分に

 北陸新幹線、14日開業=「長野」は消滅、案内板も修正―東京―金沢2時間28分に

 

  北陸新幹線の長野―金沢間が14日、延伸開業し、一番列車が午前6時台に東京、金沢両駅をそれぞれ出発する。これに伴い、先行開業区間の東京―長野間に付けられた「長野新幹線」という呼び名は事実上消滅。JRの各駅では13日までに案内板の修正作業が進んだが、一部には「長野」の文字が残る見通しだ。

  北陸新幹線は1973年、東京から北陸地方を通って大阪に向かう路線として計画され、97年10月、高崎―長野間が完成した。書類上は「北陸新幹線」だが、首都圏の利用者に分かりやすいよう、当初は「長野行き新幹線」などと呼ばれ、いつしか長野新幹線という呼称が定着した。

  東京駅の案内板は13日までに、「北陸新幹線」という文字の上に「長野新幹線」のシールを貼った仮の表示に修正。14日早朝にシールが剥がされるが、一部は「北陸(長野経由)新幹線」と表記される予定だ。

  長野県内の駅の案内板には、以前から「新幹線」とだけ書かれており、改めて修正はしないが、券売機のボタンが「長野」から「北陸」に変わる。

  14日の開業で、従来は上越新幹線と特急列車を乗り継ぎ約3時間50分かかった東京―金沢間が最短2時間28分に短縮される。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R