忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

学校現場から失われたものーーなぜ【川崎中1殺害】を防ぐことができなかったのか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

学校現場から失われたものーーなぜ【川崎中1殺害】を防ぐことができなかったのか

 学校現場から失われたものーーなぜ【川崎中1殺害】を防ぐことができなかったのか

 

  川崎市の中学一年生・上村遼太君が殺害され、遺体が多摩川河川敷に放置された事件。ニュースで被害者の笑顔の写真が出るたびに、胸潰れる思いがする。容疑者として、18歳と17歳の少年3人が神奈川県警に逮捕されたが、真相解明は緒に就いたばかり。現時点では、一切の予断を排除しておきたいが、それでも明らかなことがある。それは、同級生など、上村君を知る少なからぬ子ども達が、彼の困難な状況を知っていたことだ。
 
 ●見過ごされた数々のSOS
 
  例えば、上村君と同じ小学校を卒業し、別の中学に進んだという女の子は、今年の正月、公園で上村君が年上の男のグループにイヤそうについていくのを見た。後日、コンビニエンスストアで会った時には、目の周りに真っ黒なアザが出来ていた。「どうしたの?」と聞くと、上村君は「ぶつけた」と答えた。しかし、どう見てもぶつけてできるようなアザではなかった、という。
 
  女の子は、上村君が学校に行っていないことを知っていたので、それを話題にすると、彼は「学校には行きたい」と答えた。しかし、「行きたいなら行けば?」と水を向けても、「行きたいけど、行かない」という返事だった、とのこと。上村君の不登校は、女の子が通っている中学でも、同じ小学校を卒業したクラスメイトの間で、何度か話が出た、という。
 
  上村君は、友だちには年上のグループから暴力を受けていることを打ち明け、「殺されるかもしれない」と漏らした、とも報じられている。少なくとも同じ学年の子どもたちの間では、上村君の受難は、相当に広まっていた。
 
  にもかかわらず、学校の先生など大人たちに、その切迫した状況について、情報がもたらされていなかったようである。上村君の担任の教師は、1月の新学期が始まって以降、34回にわたって電話や家庭訪問をしていたが、本人と接触できたのは1回だけ。情報がもたらされていれば、もっと違った対応がなされていたに違いない。
 
  上村君自身が大人に相談していなかったのは、いじめの被害を受けている子どもと同じで、大人が介入することで事態が悪化することを恐れたのだろう。暴力の原因となっている者に大人たちがアプローチすれば、報復がなされる可能性があるからだ。親を心配させたくないという優しさもあって、苦痛や不安を抱え込んでしまったに違いない。
 
  他の子どもたちも、そういう上村君の懸念が分かるから、積極的に大人に伝えようとしない。面倒なことに巻き込まれるのが怖い、と思った子もいるかもしれない。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R