忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

日本が「尖閣諸島」を絶対に手放してはならない理由|田母神俊雄コラム

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本が「尖閣諸島」を絶対に手放してはならない理由|田母神俊雄コラム

 日本が「尖閣諸島」を絶対に手放してはならない理由|田母神俊雄コラム

 

  昨年(2014年)12月下旬、尖閣諸島まで300キロの島に中国が航空基地を整備中とのニュースが流れた。中国が尖閣諸島の実効支配に向けて再活動を始めているようである。

  台湾や東南アジア、インドなど世界に愛されている日本だが、こと周辺においては中国・韓国両国を筆頭に北朝鮮など、日本を敵視する敵だらけだ。我が国固有の領土である北方領土もロシアの実効支配を許しており、ロシアとの間も決して友好とはいえない。

  そんな我が国は、アメリカとの同盟により今日の経済的発展を確立してきた。アメリカに守られてきたお蔭で、戦後の数十年、我が国は軍事力を二の次として経済発展に力を注いでくることができた、という現実がある。

  ではなぜ、アメリカは戦後70年も日本を守ってきたのか。一言でいえば、アメリカの「国益に叶う」からである。

東アジアを牽制するための「アメリカの拠点」

  日本を中心とした東アジア周辺の地図を真逆にしてみると、日本が置かれた状況が見えてくる。我が国は、ロシアや中国が太平洋に出るのを完全に邪魔する、そんな地政学的構造をもっている(画像参照)。

 
 


 

  ロシアが太平洋に出るには、オホーツク海やベーリング海を抜けねばならない。ロシアが北方領土に固執する理由の一つもここにあるが、そのロシアを太平洋に出させないためにも、アメリカにとって日本は絶対に必要だ。

  つまり、アメリカの国益のために日本を守ってきたわけで、決して“善意”からではない。

  青森県の三沢に米軍基地を置いたのも、ロシアに睨みをきかせるためである。戦後70年以上、日本を守ることで東アジアに睨みをきかせてきたからこそ、アメリカはロシアを牽制できた。

  そうした東西の冷戦が終わって20年。中国の軍事的台頭により、南西諸島の意味合いが大きく変わってきた。中国がアメリカを脅かすには、南西諸島を抜けて太平洋に進出する必要がある。そのルートも日本の領土だ。沖縄に米軍基地が置かれているのも、東アジアで有事があった際、すぐに行動を起こせる拠点だからである。

尖閣諸島を絶対に死守せねばならぬ理由

  九州から台湾までの距離は約1000キロ強。東京から鹿児島までの直線距離と同じだ。この間に種子島、屋久島、徳之島、奄美大島、沖永良部島、沖縄本島、久米島、宮古島、石垣島、西表島、与那国島などが連なっている。これらの島に基地やセンサーを置けるため、たとえば他国の潜水艦が東シナ海を抜けようとしても海上自衛隊は完璧に抑えられる。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R