忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

日本人はセックス依存症!? なぜセックスが病理として扱われてしまうのか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本人はセックス依存症!? なぜセックスが病理として扱われてしまうのか?

 日本人はセックス依存症!? なぜセックスが病理として扱われてしまうのか?

 

  「セックス依存症」と聞くと、どのようなイメージを持つだろうか? セックスは、人生にとって極めて大事なもので種の存続にも欠かせない。にも関わらず、時に常軌を逸した欲求に捕われると、生活を破綻させる原因にもなる――。
 
  本来素晴らしいものであるはずのセックスが、なぜ病理として扱われてしまうのか。
 
 映画『恋人はセックス依存症』が問うもの
 
  『恋人はセックス依存症』という映画がある(日本では劇場未公開)。DVDのパッケージでは、映画『アイアンマン』のヒロインも演じたグウィネス・パルトロウが主演のように見えるが、実際の主人公はマーク・ラファロが演じるアダムという男性である。
 
  『恋人はセックス依存症』というタイトルは、一見コメディ映画風だが、これは日本の配給会社の苦肉の策のようで、実際の原題は『Thanks for Sharing』。「分かち合うことへの感謝」という意味だろうか。
 
  この映画には、セックス依存症のカウンセリング・グループが登場する。参加するメンバーはそれぞれセックスに対する問題を抱えている。医師のニールは、地下鉄で性器を他人にこすりつけて裁判所に治療を命じられた。美容院で働く女性のディーディーは、男をセックスの対象としてしか見られない。4歳のときにいとこに体をこすりつけ、12歳のときに隣の男の子の童貞を奪った。親友の父親と寝て親友を失ったこともある。
 
  このグループのメンバーは皆で節制を誓う。真面目な付き合い以外のセックスはもとより、自慰も禁止。30日節制を保てた人にはメダルが送られる。
 
  ニールは実は自制を保てていない。街中でも薄着の女性が気になって仕方ないばかりか、上司のスカートの中を盗撮して解雇されてしまう。一方、主人公のアダムは、5年間節制を保っている。アダムはパーティーで知りあったフィービーと交際を始める。だが、セックス依存症の過去が明らかになると、ふたりの間には不穏な空気が流れ始める。
 
  アダムは告白する。「かつての自分は自慰を我慢できなかった。片っ端から女性を口説いたし、一夜限りの関係も多かった。複数の女性や娼婦との関係も。自分を見失ってしまうことも珍しくない」。そんなアダムに、フィービーは「また元のようにならないと言える?」と疑念を持ちはじめる。
 
  この映画に登場する人は、誰もが何からの依存を抱えている。ドラッグ依存やアルコール依存も登場する。アダムに「私は健康的な人でないと付き合えない」と話すフィービーすら、アダムからこんな言葉を投げかけられる。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R