忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

消費者庁に「命令」取り消し求め、断熱フィルムメーカー提訴

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

消費者庁に「命令」取り消し求め、断熱フィルムメーカー提訴

 消費者庁に「命令」取り消し求め、断熱フィルムメーカー提訴

 
  「商品の効果に合理的な根拠がない」などとして消費者庁から措置命令を受けた断熱フィルムのメーカーが、命令の取り消しなどを求め、消費者庁を提訴しました。
  「『SEAGフィルム』の信用は、消費者庁の極めて乱暴な処分により、地に落ちた」(翠光トップライン 上条昌輝社長)
 
  訴えを起こしたのは断熱フィルム「SEAGフィルム」を製造・販売する東京・台東区の「翠光トップライン」とその子会社です。
 
  「SEAGフィルム」は、「窓に張ると冷暖房効率が最大40%向上する」などとその効果が表示されていますが、消費者庁は先月、「合理的な根拠がない」として表示の改善などを求める措置命令を出しました。翠光トップラインは、「効果には合理的な裏づけがあり、問題点を明らかにしないまま措置命令を出した手続きも違法」だとして、18日、消費者庁に命令の取り消しと3億円の賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。
 
  「(消費者庁の)消費者を守るために頑張ろうという意志は分かるが、不用意にやられると良い商品までも市場から駆逐されかねない」(河合弘之弁護士)
 
  翠光トップラインは、「訴訟を通じて信頼を取り戻したい」としています。
 
  一方、消費者庁は、「措置命令は事実と法に基づいたもので、正当と考えている」としています。(18日15:49)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R