忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

 無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

 

  •   13人が死亡、6000人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件は20日で20年を迎えた。

      現場となった東京都内の地下鉄6駅には献花台が置かれ、多くの人が祈りをささげた。過去に例のない無差別テロを体験した被害者たちはどのような思いで、この日の朝を迎えたのか――。

      「地下鉄サリン事件でも、チュニジアでも、何のいわれもなく一般市民が狙われた。テロは許せない……」。千葉県松戸市の自営業の男性(51)は20日午前、霞ヶ関駅(千代田区)を訪れてそう語り、献花台に花を置いた。

      20年前の朝、通勤中の千代田線の車内で、新聞紙の包みから液体が床に広がるのを見た。霞ヶ関駅で降りて会社へ。急にサングラスをかけたように視界が暗くなった。瞳孔の収縮だった。

      ニュースで「サリン」と知り、ぞっとした。「助かったのは運が良かっただけだ」。後遺症で目が疲れやすく、今も、強いにおいをかぐと頭痛に襲われる。

      事件の4か月前に生まれた次男(20)に事件のことをはっきりと語ったのは、小学5年の時だ。健康診断を受けて帰宅すると、「どうしたの?」と尋ねられたので、長い時間をかけて説明した。

      その後も家族で、オウムに関するテレビ番組などを見ては語り合う。次男は、「父のおかげで、若者は一歩間違えばオウムのような集団に入りかねないのだと実感できた」と話す。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R