忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

画家の金子國義さん死去=「アリス」挿絵、78歳

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

画家の金子國義さん死去=「アリス」挿絵、78歳

 画家の金子國義さん死去=「アリス」挿絵、78歳

 

  耽美(たんび)的な作風で知られる画家の金子國義(かねこ・くによし)さんが16日午後、虚血性心不全のため東京都品川区の自宅で死去した。78歳だった。17日未明に家族が発見した。埼玉県出身。葬儀の日取りなどは未定。

  日大芸術学部卒。1964年ごろから油絵を描き始め、67年に個展「花咲く乙女たち」で画壇デビューした。妖艶な雰囲気を漂わせる人物画を得意とし、作家・澁澤龍彦の著作の装丁や絵本「不思議の国のアリス」の挿絵が代表作。雑誌「ユリイカ」「婦人公論」の装画でも知られた。

  舞台美術家としても、唐十郎「状況劇場」の公演や、2005年には十八代目中村勘三郎襲名披露口上などを担当した。近年は浴衣のデザインなども手掛け、初の自伝が刊行されたばかりだった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R