忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

10年間保存義務の投票録、誤って廃棄した選管

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

10年間保存義務の投票録、誤って廃棄した選管

 福島市選挙管理委員会は9日、投票日から10年間の保存が義務づけられている最高裁判所裁判官の国民審査で、2005年9月と09年8月に実施された分の書類を誤って廃棄していたと発表した。

  廃棄されていたのは、投票管理者に作成が義務づけられている投票録で、投票場所や立会人、投票者数などが記録されている。最高裁判所裁判官国民審査法は投票録を、投票用紙や開票に関する開票録と合わせて保存するよう求めている。投票用紙などは残っているという。市選管によると、昨年5~6月、保存期間が最長4年間の衆院選の投票録と一緒に担当職員が廃棄したという。今後、関係職員の処分を検討する。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R