忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

60年前の常磐線、東京どころか有楽町まで直通

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

60年前の常磐線、東京どころか有楽町まで直通

 60年前の常磐線、東京どころか有楽町まで直通

 常磐線は約60年前、14日に開業した上野東京ラインと同じように、茨城方面から上野駅の先まで直通運転していた。

  当時の列車の写真ネガが、東京都荒川区役所で見つかった。

  写真は1955年7月12日、荒川区の常磐線三河島駅のホームで撮影された。手前の柱には「みかわしま」と書かれた看板が掲げられ、先頭車両には行き先が「有楽町」と表示されている。

  JR東日本東京支社によると、常磐線は54~56年の2年間、朝と夕の通勤時間帯だけ上野―有楽町駅間を延長運転していた。

  同区は広報用に撮影した過去の写真をデジタル化して、保存する作業を進めている。ネガはその中で見つかった。区の元広報担当で、現在は非常勤職員として作業にあたる宇井克彦さん(70)は「懐かしい写真ばかりで、1枚ずつ丁寧に見ていたら気付いた。常磐線が有楽町駅まで走っていたとは知らなかった」と驚いていた。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R