忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<将棋>電王戦、ソフトが反則負け 棋士2連勝

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<将棋>電王戦、ソフトが反則負け 棋士2連勝

 <将棋>電王戦、ソフトが反則負け 棋士2連勝

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが5対5で対戦する「電王戦FINAL」の第2局が21日、高知市の高知城追手門であり、永瀬拓矢六段(22)が「Selene(セレネ)」=西海枝(さいかいし)昌彦氏開発=に89手で勝ち、棋士側が2連勝した。ソフトの反則負けとなった。第1局の斎藤慎太郎五段(21)に続き初めて2勝目し、団体戦の勝利へあと1勝とした。第3局は28日、北海道函館市の五稜郭で稲葉陽七段(26)と「やねうら王」が対戦する。
 
  持ち時間各5時間で、永瀬六段が後手番。相居飛車の力戦型で、10手目前後から実戦例がない展開になり、「Selene」は右玉に構えた。永瀬六段は端を破り、反撃されたが鮮やかな寄せを見せて優勢を確立しようとした局面で、ハプニングが起こった。
 
  永瀬六段は、通常角が成るところで、成らずに着手。この手が王手になっていることをソフトが認識できず、王手を受けずに他の手を指してしまったために反則負けと判断し、コンピューターは動作を止めた。永瀬六段は練習で不成への対応が不安定なことを見抜き、成れるところで成らない手を選択したようだ。【山村英樹】

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R