忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<選挙違反>升田氏運動員2人「独断で行った」 青森地裁

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<選挙違反>升田氏運動員2人「独断で行った」 青森地裁

 <選挙違反>升田氏運動員2人「独断で行った」 青森地裁

 昨年12月の衆院選で青森1区から立候補し、比例東北ブロックで初当選した維新の党の升田世喜男衆院議員の陣営の運動員2人が、公職選挙法違反(買収)罪に問われた「百日裁判」の初公判が17日、青森地裁(鎌倉正和裁判長)であった。青森県五所川原市金木町、農業、吉田俊逸被告(64)と、青森市三内、無職、渡辺美津江被告(50)はともに起訴内容は認めつつ、「升田氏や選対幹部は関係なく、独断で行った」と述べた。
 
  検察側は、両被告もしくはどちらかが連座制の適用対象である「組織的選挙運動管理者」に該当するとみている。禁錮刑以上の有罪が確定した場合、仙台高検は升田氏の当選無効を求める訴訟を仙台高裁に起こす方針。
 
  検察側の冒頭陳述などによると、2人は共謀して昨年12月14、15日、有権者に投票を呼びかける「電話作戦」に関わった運動員計27人に報酬として計約147万円を渡したとされる。吉田被告は別の男性=同法違反で罰金40万円の略式命令=とも共謀し計14人に計約73万円を支払ったとされる。
 
  百日裁判は公選法で規定され、事件受理から100日以内の判決が求められる。【佐藤裕太、石灘早紀】

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R