忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

PC遠隔操作、片山被告に懲役8年の実刑判決

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

PC遠隔操作、片山被告に懲役8年の実刑判決

 男性4人が誤認逮捕されたパソコン遠隔操作事件で、東京地裁は4日、威力業務妨害罪などに問われた元IT関連会社社員・片山祐輔被告(32)に懲役8年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。

  大野勝則裁判長は「捜査機関を出し抜きたいとの自己中心的な願望を満たすため、見ず知らずの第三者を犯人に仕立て上げた。サイバー犯罪の中でも悪質な犯行だ」と述べた。

  片山被告はこの日、終始緊張した様子。閉廷後、接見した主任弁護人の佐藤博史弁護士に「(裁判官に)反省が十分でないと受け止められたのか」と少し落ち込んだ様子で話したという。

  判決によると、片山被告は2012年6~9月、自作の遠隔操作型ウイルス「iesys(アイシス).exe」を他人のパソコンに感染させ、「皆殺しにする」との脅迫メールを自治体に送るなどした。爆破予告メールで航空機を引き返させたハイジャック防止法違反も含め、10件の犯行が認定された。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R