忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

太陽光で動くスマホや虹彩で個人認証できる新技術が登場 MWCをプレーバック〈ASAhIパソコン〉

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

太陽光で動くスマホや虹彩で個人認証できる新技術が登場 MWCをプレーバック〈ASAhIパソコン〉

 太陽光で動くスマホや虹彩で個人認証できる新技術が登場 MWCをプレーバック〈ASAhIパソコン〉

 3月2日〜5日、スペインのバルセロナでIT・モバイル関連展示会「モバイルワールドコングレス(以下、MWC)」が開かれた。主催者発表によると、出展は2000社以上、入場者は200カ国以上から9万8千人以上集まり、この規模は世界最大級だといわれている。
 
  その規模の大きさから、MWCは2015年のIT・モバイル業界のトレンドを予測するのに欠かせない展示会だ。今回はそこで、注目を集めた展示品や新製品をご紹介しよう。
 
 ●京セラからは太陽光で動くスマートフォンも
 
  ソニーモバイルは、タブレットの新製品「Xperia Z4 Tablet」を発表した。この製品は、防水防塵性能もさることながら、その軽さに驚かされる。同時発売のキーボードと組み合わせても、重さは800グラムを下回るのだ。Bluetooth接続のキーボード「BKB50」を連結すれば、画面下にWindowsのスタートボタンのようなメニューが現れる。また、キーボードと一体化することで、画面の角度調節も可能だ。この形状だけ見ると、ほとんどノート型パソコンと遜色ない。
 
  一方のスマートフォンでは、「Xperia」シリーズのフラッグショップとなる「Z4」のリリースが期待されたが、防水性能にこだわった「Xperia M4 Aqua」の発表にとどまった。
 
  プロトタイプながら注目を集めたのは、京セラの太陽光発電パネルを組み込んだスマートフォンだ。なんと、ディスプレーに光を当てて充電できてしまうのだ。電源確保が難しいアウトドアでの使用を想定したもので、本体の耐久性も高くなっている。
 
  このほか、SanDiskは世界初の容量200GBのmicroSDを発表した。フロッピーディスクを知る世代にとって「この小さなチップに…」と技術の進歩の早さを実感させられた逸品だ。
 
  さらに、第5世代移動通信方式、いわゆる「5G」の展示も見られた。NTTドコモは今年2月、エリクソンとの共同屋外実験で受信時4.5Gbps以上という高速データ通信に成功した。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックまでの実用化を目指すという。
 
 ●「指」で触れるか「瞳」を見るのか 個人認証はどちらが優位?
 
  最近のスマートフォンで多く採用されている、指紋認証用のセンサーモジュールを取り扱う企業の出展もあった。香港にあるFingerQは、指紋認証機能付きキーロックなどのコンシューマー向け商品を展示した。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R