忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

手袋を落とした! 残った片手袋の使い道を謎の人物「片手袋研究家」に相談してみた

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

手袋を落とした! 残った片手袋の使い道を謎の人物「片手袋研究家」に相談してみた

 手袋を落とした! 残った片手袋の使い道を謎の人物「片手袋研究家」に相談してみた

 お気に入りの手袋を片方だけ落としてしまった……。そんな切ない体験をしたことはないだろうか。何が悲しいって、残された手袋の所在なさ。この“片手袋”に、いい使い道はないのだろうか?
 
  そう思って何気なく調べたところ、なんとこの世の中には「片手袋研究家」なる人がいるというのである。早速、会ってお話を伺った。そもそも“片手袋研究家”とは一体何をしている人なのだろうか?
 
 「世の中にはびっくりするほどたくさんの手袋が落ちているんです。地面に置き去りにされたもの、誰かが手すりにひっかけたものなど、その形態はさまざま。そんな片手袋を写真に撮って研究を重ね、今年で10年目になります」(片手袋研究家・石井公二さん)
 
  予想外に長い研究家人生に衝撃を覚えた。さらに遡ると、幼少の頃にウクライナの絵本「てぶくろ」を読んで以降、街に片方だけ落ちている手袋が気になり始めたのが、片手袋愛への目覚めだという。
 
 「専門分野は“落ちている手袋”ですが、もちろん残された手袋に関しても研究しています。一緒に片手袋の使い道について考えてみましょう」(片手袋研究家・石井さん、以下同)
 
 「例えば軍手の場合。軍手なら、片方だけでもかなり使い道があるんですよ。ちょっと考えただけでもこれだけあるんですよ」(同)
 
 ・机や椅子の脚部分にはめて養生にする
 
 ・魚を調理するときに滑らないように片手にはめる
 
 ・ニンニクを入れて干す
 
 ・石鹸を入れてネットとして使う
 
 ・コーヒーフィルターとして使う
 
 ・ぞうきんとして、片手にはめたまま床を拭く
 
  軍手を「手につけるもの」ではなく、「袋状の何か」として捉えることで、新しい活路が見出されるのである。
 
 「そして、落として一番困るのは、やはりオシャレな手袋ですよね。軍手と違って使い道はかなり限定されると思います。しかし、片手袋研究歴10年の僕だからこそ声を大にして言いたいことがあるんです。それは、手袋を落としても簡単に諦めないこと! ふざけてるんじゃないですよ。手袋って本当にいろんな人が拾ってくれてるんです。落としたことに気づいたときは、とにかくよく探してみること。ガードレール、電柱、道端の支柱などに載せられている可能性があります。ただ、どれだけ探しても見つからないというときは、潔く諦めるしかありませんね。そこで、オシャレな片手袋の使い道を考えてみました。例えば、顔をつけてぬいぐるみにしたり、額縁に入れてオブジェみたいにしてみたり、アート作品として活用するのはいかがでしょう? ぬいぐるみやオブジェは、手袋のぬくもりを全面に出せるので、おあつらえ向きだと思います」(同)
 
  オブジェにしたとたん、手袋が愛らしく見えるから不思議だ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R