忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

2014年映画にもっとも登場したブランドは、やっぱりアップル

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

2014年映画にもっとも登場したブランドは、やっぱりアップル

 2014年映画にもっとも登場したブランドは、やっぱりアップル

 2014年映画にもっとも登場したブランドは、やっぱりアップル

 
 やっぱりね!

 家でテレビを観ているとき、あるいは映画館でも、画面にアップルの製品がひょこっと登場すること、よくありますよね。なんかよく見るなあ…と思っていたら、Brandcameo Product Placement Award(ブランドのカメオ出演に対して贈られる賞)で、2014年もっとも多くの映画に登場したブランドとして受賞したんです。アップルはこの賞を2010年と2011年にもとっていて、3年ぶり3回目。ちなみに2012年はメルセデス・ベンツ、2013年はバドワイザーが受賞したそうです。

 主催者のBrandChannelはアップルの登場する象徴的な映画として「Captain America: Winter Soldier」をあげています。この緊迫したシーンはなんとアップルストア内で繰り広げられているんです。さすが、カメオ出演の王者って感じでしょうか。

動画を見る
 

 
 source: BGR

 (斎藤真琴)

■ あわせて読みたい・にっぽん再発見。落語家が語る、日本の文化とケータイの“意外”な関係
 ・ついに始まったクレバーな選択肢「光 コラボレーション」ってなに?
 ・エコなドライビングがどう心理に影響を与えるか、心拍計で調査してみた。
 ・目と鼻だけじゃない! 意外に知らない花粉の怖さとは
 ・スタートアップ企業がやるべき 「PRを駆使した伝え方」とは

 元の記事を読む

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R