忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

Apple Watchのケースとバンド、どう選ぶか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Apple Watchのケースとバンド、どう選ぶか

 Apple Watchのケースとバンド、どう選ぶか

 Appleの3月9日のイベントで、Apple Watchを「4月10日に予約・展示開始」「4月24日に発売」とアナウンスした。日本は米国・中国などと並んで最初の発売グループ9カ国に入り、時差の点で、世界で最も早くApple Watchを発売する国の1つになりそうだ。
 
  Apple Watchは、既に詳細に報じられているとおり、最も価格が安いアルミニウムケースの「Apple Watch Sport」、ステンレススチールケースの「Apple Watch」、そして18Kゴールドを採用した「Apple Watch Edition」の3モデルが用意される。
 
  Apple Watch Sportはスポーツバンドの色の組み合わせで5種類あるが、いずれも38ミリモデルが4万2800円、42ミリモデルが4万8800円。それ以外のモデルは、ケースと付属するバンドに応じて価格が異なる。
 
  最も高い価格のモデルはApple Watch Editionの「38mm 18Kローズゴールドケースとローズグレーモダンバックル」もしくは「38mm 18Kイエローゴールドケースとブライトレッドモダンバックル」で、218万円となる(価格はいずれも税別)。
 
  Apple Watch Editionは、他のモデルと違い、38mmモデルに、最高額の構成が設定されている。なお、各モデルともに、性能面での違いはない。
 
 ●機能は同じ、雰囲気はケースで変わる
 
  Apple Watchは機能もさることながら、着け心地がとても重要な要素となるだろう。そこでAppleは、Apple Storeに加えて、日本では伊勢丹やDover Street Marketでも展示を行い、間近で見たり、腕に着けて試すことができるようにする。
 
  100万円を超えるモデルしか用意されていないApple Watch Editionはいったん抜きにして、Apple Watchか、Apple Watch Sportか、という選択で悩んでいる人もいるかもしれない。
 
  どちらのバージョンを選ぶかの1つの尺度に、「雰囲気」がある。
 
  現在のApple製品は、ほぼすべてがアルミニウムでできており、Apple Watch Sportも酸化皮膜処理が施されたアルミニウムとガラスのケースだ。つまり、いつものApple製品らしさで時計が作られている、という印象を与える。
 
  Apple Watchのステンレススチールケースの方が、普段の「Apple製品らしさ」が薄いという印象だ。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R