忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

『ザ・フォロイング』K・ベーコン&J・ピュアフォイ、役から受けた影響を赤裸々告白

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

『ザ・フォロイング』K・ベーコン&J・ピュアフォイ、役から受けた影響を赤裸々告白

 『ザ・フォロイング』K・ベーコン&J・ピュアフォイ、役から受けた影響を赤裸々告白

 “フォロワー”と呼ばれる狂信者を操るカリスマ殺人鬼と元FBI捜査官の死闘を、緊迫感あふれる描写でつづり、多くの熱狂的ファンを生み出したノンストップ・クライムアクションドラマ『ザ・フォロイング』。セカンド・シーズンのブルーレイ&DVDリリースに際し、主演のケヴィン・ベーコン、殺人鬼役のジェームズ・ピュアフォイが、本シリーズについて語ってくれた。
 
 【関連】『ザ・フォロイング』特集:新たな強敵が出現!ライアンVSキャロルの第2ラウンドスタート
 
  まず、口を開いたのがジェームズだ。彼が演じる殺人鬼ジョー・キャロルは、14人の女子大生を殺害した犯罪者でありながら、そのカリスマ性から多くのファンを獲得。支持者を洗脳して殺人犯に変え、巧妙で恐ろしい計画を練っている。そんな彼のことを、「ジョーは信じられないほど複雑な男だ。彼は単なる連続殺人犯ではなく、カルト・リーダーでもあり、ロマンチックな詩やエドガー・アラン・ポーのエキスパートでもある」と、ジェームズは言う。
 
  「演じるに際し、ポーが書いた本をすべて読み、手に入れられるすべてのカルト・リーダーについて勉強している。今シーズンでは、実在したカルト教団のリーダー、ジム・ジョーンズを参考にしているよ」と役作りを振り返るジェームズ。続けて「ジョーは、表面的にはとても魅力的で親切に見えたりする。でも実際には、自分がしてもらいたいことを、いかに第三者にやらせることができるかを考えている。彼は死の天使で、死はギフトだと本気で信じているからね」とジョーを分析すると、「あまりに暗くてダークな人物ゆえ、やはり、時々は影響を受けてしまうよ。自分の無意識に入り込んできて、奇妙な夢を見たりもする。ただ、想像以上に、そこに惹きつけられるものもあるんだ」とキャラクターからの影響について告白した。 一方のケヴィンは、元FBI捜査官ライアン・ハーディに扮する。ライアンは、かつてジョーを逮捕した際、心臓に深い傷を追ったことでFBIを退職したが、ジョーの脱獄により現場に復帰。再びキャロルとの死闘が幕を開ける。
 
  「ファースト・シーズンは“ハント(追跡)”だったが、セカンド・シーズンは“マスク(仮面)”だね」と各シーズンを定義するケヴィン。「ライアンはジョーを殺すことがすべてだったファースト・シーズンと違い、セカンド・シーズンではライアンの色々な顔が見られるだろう。彼は酒を飲んでいないし、ハッピーで、ランニングをしたり、大学で教えたりもしている。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R