忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

綾瀬はるか、「三十路写真集」で判明したグラマラスボディの劣化具合

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

綾瀬はるか、「三十路写真集」で判明したグラマラスボディの劣化具合

綾瀬はるか、「三十路写真集」で判明したグラマラスボディの劣化具合

 

 視聴率女優・綾瀬はるかの写真集「SEA STORIES Haruka Ayase」(宝島社)が、“売上不調”と話題になっている。

 3月24日に30歳を迎えた綾瀬。約10年ぶりの下着姿まで披露して話題作りに努めたが、4月13日付に発表された累計売上部数は約4000部程度。同時期に発売されたAKB48・小嶋陽菜の「どうする?」が累計6万9837部、浅田舞の「舞」が累計8242部というだけに、この売上の差は単なる“宣伝不足”というだけではなさそうだ。

 写真集を見たネットユーザーからは「抱きごごち最高そう」や「癒される~」など賛辞の意見も多いが、その一方で「もっとマシな写真は無かったのか」「水着になる必要性がわからない」といった意見が多いのも事実。中には「事務所はどうして水着にさせたんだ」と、憤る意見まであった。

 デビュー当時は、グラドルとしてメリハリボディを惜しげもなく見せていた綾瀬だが、TBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロインに抜擢されてからは、「白夜行」(TBS系)や「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、「JIN‐仁‐」などで高視聴率をマークし、トップ女優の仲間入り、水着姿も封印してしまった。

 芸能ジャーナリストは、今回の写真集について次のように分析する。

「ボディのハリ感は昔と変わりませんが、ウエストのくびれはなくなり、お腹を引っ込めているせいか、不自然に肋骨が強調された写真になってしまった。へん平尻のせいでボディラインの劣化は否めません。女優として確固たる地位にありながら、正直、いまさらどうして水着になったのか‥‥」

“脱ぎ損”となった今回の写真集。視聴者が求めているのは水着より、その演技なのかもしれない。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R