忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

イスラム国保有武器増殖で米英が恐れる“北朝鮮核兵器”裏密売

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

イスラム国保有武器増殖で米英が恐れる“北朝鮮核兵器”裏密売

イスラム国保有武器増殖で米英が恐れる“北朝鮮核兵器”裏密売 日本人の人質2名とヨルダン人パイロットを殺害した『イスラム国』。その凶悪組織が保有する武器の威力と数が、ここにきて注目を集めている。
 「米英軍やヨルダン軍は武器庫を中心に空爆しているが、もともと同組織は武器商人からロシアや中国製のライフルなどを購入していた。ところが、イラク治安部隊から米国製の武器を強奪。加えてシリアから北朝鮮製の携帯式地対空ミサイルや戦車を奪取し、今ではイラクから奪った貧者の核爆弾(核物質を通常火薬で爆発させ、被弾地域を放射能汚染させるもの)まで保有している。この不気味な兵器の増強が、有志国連合の間で問題視されているのです」(防衛省関係者)
 ちなみに、同組織にはシリアの反政府軍からも武器が流れているといわれるが、これが増強し続ければ空爆の長期化は必至。そのため、有志国連合側はこの解析に躍起となっているのである。

 もっとも、この警戒ぶりには、別の事情も存在すると見られている。語るのは、日本の公安関係者だ。
 「米CIA筋の情報によれば、米軍は武器の増強に奔走するイスラム国が将来的に核を保有する可能性を危惧しているという。というのも、北朝鮮が核の小型化とミサイル搭載に成功したと見られ、近々その試射を行うといわれているからです。これが成功すれば、大量生産に踏み切るのは必至で、経済的に逼迫した北が核爆弾を闇市場に放出。イスラム国が核を保有する可能性も否めないのです」

 ちなみに、現在北朝鮮はイスラム国と敵対するシリアと軍事協力関係にあるが、経済的に追い詰められた同国が核爆弾の闇販売に転じれば、武器商人らが群がるのはほぼ確実。それがイスラム国に渡る可能性は、決して低くはないのである。
 「同盟国のシリアに輸出された爆弾が、イスラム国に奪われる筋書きも想定される。しかもこれを手した同組織が、核テロを起こすことはほぼ確実でしょう。そのため、米軍は厳重警戒している状態なのです」(同)

 皮肉にも、かつて悪の枢軸と呼ばれた北朝鮮が、世界の命運を握りだした?
PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R