忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

宮城県塩釜市の郷土料理「塩釜おでん」をウチくるメンバーが堪能!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

宮城県塩釜市の郷土料理「塩釜おでん」をウチくるメンバーが堪能!

 宮城県塩釜市の郷土料理「塩釜おでん」をウチくるメンバーが堪能!

 

 仙台旬風 冨和利 日本橋店

 3月15日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、毎週日曜午後0時)で「サンドウィッチマン厳選!都内で出会える地元宮城メシ」と題して、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富澤たけしさん、お笑い芸人の関根勤さんと番組司会の中山秀征さん、中川翔子さんらが「仙台旬風 冨和利 日本橋店」(東京都中央区)を訪れた。
 
  日本橋高島屋の目の前にあり、宮城県の食材を堪能できる店。地酒にも力を入れており、期間限定品も随時入荷しているという。今回、一行が食したのは「塩釜おでん(15個)」だ。宮城県塩釜市は練り物の町として有名で、自慢の練り物を使ったおでんは郷土料理として地元の人に愛されている。ぜいたくにカキエキスたっぷりのだしで作った透明な同店秘伝のスープは練り物との相性も抜群だ。
 
  お麩(ふ)が大好きだという関根さんは、具材の中からお麩を発見。このお麩は、宮城県北部の登米地方で食されているグルテンを油で揚げた「仙台麩」と呼ばれるもので、早速食すると「お麩のおでんってあんまりないもんね。いけるね」とコメントし、さらに「このおつゆがおいしいね」と自慢のだしとの好相性ぶりに納得した様子だった。
 
 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

 本記事は「ぐるなび」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R